爆進(ばくしん)イントゥ・ザ・ワイルド》

爆進イントゥ・ザ・ワイルド R 自然文明 (6)
呪文
次のうちいずれかひとつを選ぶ。
►自分の山札の上から3枚をマナゾーンに置く。
►相手の進化ではないクリーチャーを1体選び、持ち主のマナゾーンに置く。
爆進ダブル

DM-32で登場した自然爆進ダブル呪文
3マナブーストクリーチャー1体をマナゾーン除去する、《アルティメット・フォース》の上位呪文

上のマナブースト効果ブーストする枚数が多く、メタモーフした《セブンス・タワー》と同数のブースト量。
ターンには10マナにもなるという爆発力を買われ、《聖霊王アルファディオス》《悪魔神ドルバロム》《偽りの悪魔神王 デス・マリッジ》などの重量級進化クリーチャー召喚を狙うデッキにおいては重宝する。

下のマナ送り効果進化クリーチャーに対応していないのは惜しいが、《ナチュラル・トラップ》とほぼ同じ感覚で、モヤシ効果持ちやセイバーに守られているクリーチャーであっても除去できる。
この除去効果のおかげでマナブーストカードにありがちな後半で役に立たないということが無い。

進化クリーチャーターボを両立することの多い【サンダー・ムーンシュート】などでは、普通に両方の効果を使いながら展開していくことができるだろう。

その場合は、《カブラ・カターブラ》《ミスティック・クリエーション》《超次元ホワイトグリーン・ホール》のようなマナ回収効果を行えるカードも一緒に採用しておきたい。

爆進ダブルを狙わなくとも単純な呪文によるマナブースト枚数では多い方であるため、進化クリーチャーが無いデッキであっても10マナ圏につながるブーストとして使われる事もある。殿堂入りした《セブンス・タワー》の後釜に選ばれることもしばしば。

  • DMR-23で登場した《剛撃古龍テラネスク》の存在は痛い。こちらは呪文である、マナがアンタップインする、爆進ダブルが使える、状況に応じて相手のクリーチャーマナ送りに出来る、という点で優れるが、1つ目の長所は呪文メタが横行していた革命ファイナル環境では非常に薄く、3つ目の長所は進化クリーチャーをあまり使わないコントロールデッキでは腐りがちであった。
  • ヒーローズ・カードでは切札勝利の肉体にイラストの5文明が浸食している。流石に呪文のコスプレは無茶だったか。ちなみにその姿は、原作でデュエルを行うと命が縮む呪いをかけられた様子をモチーフにしており、なんとなく《巡霊者シリアス》に似ている。

サイクル

DM-32で登場した進化クリーチャーがいれば効果を両方使うことができる爆進ダブルサイクル

後にDMC-58 「マッド・ロック・チェスター」でも登場

関連カード

コストの大型マナブースト

より低コストの大型マナブースト

フレーバーテキスト

  • DM-32(通常版)
    世界の果ての、その大いなる場所で、生命は大地へと還る。
  • DM-32ヒーローズ・カード
    この力を共に分かち合おう!――切札勝利
  • DMEX-01
    4体合体の神帝と、NEXの戦いの物語。その戦いを支えたのは、NEXとルピアの友情だった。
  • プロモ(P8/Y8)
    太陽の化身がその力を示す時、生命は大地へと還り、世界は輝きに満たされる。
  • プロモ(P33/Y15)
    大地へと還った力が、悪魔神を呼び出す儀式を行う。

収録セット

参考


Last-modified: 2019-04-11 (木) 11:32:43