闘龍鬼(とうりゅうき)ジャック・ライドウ》

闘龍鬼ジャック・ライドウ UC 火文明 (5)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/ティラノ・ドレイク/サムライ 5000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札を見る。その中から、このクリーチャーと同じ種族をひとつでも持つ進化クリーチャーを1体選び、相手に見せてから手札に加えてもよい。その後、山札をシャッフルする。

DM-30で登場したアーマード・ドラゴン/ティラノ・ドレイク/サムライ

cipで自身と同じ種族進化クリーチャーサーチできる中型ドラゴン
アーマード・ドラゴンであり、サムライティラノ・ドレイクでもあるので、持ってこられるカードは非常に幅広い。

かの有名な進化アーマード・ドラゴンである《超竜バジュラ》を連れてこられるのがメリット。そのまま《ライドウ》に進化させてビートダウンしてもよい。

他の候補には、《超竜騎神ボルガウルジャック》《九龍騎神ドラン・ギレオス》が挙げられる。どちらも進化元種族を参照する能力を持ち、アーマード・ドラゴン/ティラノ・ドレイクの《ライドウ》から進化させることで、その性能を最大限に発揮できる。

それ以外には《戦極竜ヴァルキリアス・ムサシ》《騎神凰翔ハクツル・ザーク》《凰翔竜機バルキリー・ルピア》などとの相性が良い。変わったところではナイト《暗黒皇グレイテスト・シーザー》を連れてくることも可能である。

オーバーキル進化フェニックス《超神星アポロヌス・ドラゲリオン》ティラノ・ドレイクを持つためサーチできる。また、ドラゴンの《ライドウ》から進化できるのでシナジーしている。

5マナなのでそう重くなく、《コッコ・ルピア》からすぐに繋がるので呼び出すのは容易。
5コストアーマード・ドラゴンとしては使い勝手が良く、コスト論で考えても種族能力パワー共に優秀なので、これらの種族の進化を扱う場合は主要カードとして活躍が期待できる。

ただし、エピソード1以降はコマンド・ドラゴンがプッシュされており、このクリーチャーサーチできない進化クリーチャーも増えている。《超熱血 ギラギラ・ドガッツ》《燃える革命 ドギラゴン》は《ライドウ》を進化元にはできるものの、能力サーチすることはできない。

それでも、革命編に入ってもアーマード・ドラゴンが完全に姿を消したわけではなく、過去のアーマード・ドラゴンティラノ・ドレイクサムライ進化にも優秀なものは多いため、このクリーチャーの出番が完全になくなることはないだろう。

このクリーチャーを使ったデッキは「【闘龍鬼ジャック・ライドウ】」を参照。

  • 漫画「SX」では勝舞が何度か使用し、手札補充を行っている。「大長編」では勝利も使用していたが、既に召喚された後だったので、何を加えたかは描かれていない。
  • 「デュエル・マスターズBG」ではリュウがモリオ戦で使用。上記と同様、何を加えたかは描かれていなかったが、デッキリストでは《超竜サンバースト・NEX》を投入している事が判明された。

フレーバーテキスト

  • DM-30(通常版)
    戦国武闘会も遂に最終ラウンド!この決戦を勝ち抜く猛者は誰だ!?――千舌実況ミラクル・ショー
  • DM-30ヒーローズ・カード
    俺はこの一瞬にかける!ライドウ、進化の道を切り開け!――切札勝舞
  • DMC-62
    進化せよ!我が闘魂、今まさに太陽と化す!――闘龍鬼ジャック・ライドウ
  • プロモ(P29/Y7)
    天、地、刃!我が魂よ、新たなる世界を切り開け!――闘龍鬼ジャック・ライドウ

収録セット

参考


Last-modified: 2019-08-29 (木) 20:36:45