超神星(ちょうしんせい)ジュピター・キングエンパイア》

超神星ジュピター・キングエンパイア VR 自然文明 (5)
進化クリーチャー:フェニックス 14000
進化GV−自分のドリームメイト、アーク・セラフィム、ワイルド・ベジーズのいずれか3体を重ねた上に置く。
メテオバーン−このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にある、進化クリーチャーではないカードを1枚選び、バトルゾーンに出してもよい。(ただし、そのクリーチャーは召喚酔いする)
T・ブレイカー

DM-19で登場した自然進化GVフェニックス
エキスパンションの目玉である進化GVフェニックスサイクルの1つ。
メテオバーン進化元バトルゾーンに出せる、自然文明らしい能力を持つ。

他のフェニックスと比べると、進化元バトルゾーンに戻るので進化に伴うディスアドバンテージが小さく、手軽に出しやすい。特に大量展開に向き、《バロン・ゴーヤマ》《グレイト・カクタス》などの強力なcipクリーチャーを使い回せるワイルド・ベジーズから進化するのがいいだろう。
もちろん専用デッキを組んで存分に活躍させてもよいが、種族が合うなら既存のデッキにそのまま投入するだけでもそこそこな働きができるのは利点。

…というのが、表向きの活用方法。
しかし、環境的にはまったく異なる使い方をされている。
代表例が、【ラグマループ】をはじめとする【緑単ループ】でのループパーツとしての活用法である。

このループパーツとしての役割だが、《ジュピター・キングエンパイア》のメテオバーンは一切使用されない。というのも、着目された理由は、進化元に要求される種族と枚数がループ過程において都合が良かっただけだという、ただそれだけの理由である。

《曲芸メイド・リン・ララバイ》ドリームメイト)、《霊騎ラグマール》アーク・セラフィム)、《クリクリ・イガラーズ》《カブラ・カターブラ》《ノーダンディ・ネギオ》ワイルド・ベジーズ)らを進化元にし、さらに別の《ラグマール》で《ジュピター・キングエンパイア》をマナゾーンに送ると、一度のマナ送りで一気にマナが回復する。これにコスト軽減マナ回収を絡めることで、永遠に《曲芸メイド・リン・ララバイ》《ノーダンディ・ネギオ》を交互に召喚し続けることができる。コスト軽減には《フィーバー・ナッツ》《神秘の集う遺跡 エウル=ブッカ》マナ回収には《霊騎サンダール》が活用される。

ドラゴン・サーガ期まで知る人ぞ知るコンボだったが、革命編期の【イメンループ】革命ファイナル期の【緑単サソリス】の台頭により、【ラグマループ】の知名度も向上することになる。以後進化元を1体にまとめ上げる役割は《S級原始 サンマッド》に引き継がれたのだが、緑単ループは更に研究が進んだことで高速化し、主要パーツだった《サンマッド》が新章デュエル・マスターズ期に殿堂入りしてしまった。そこで再び《ジュピター・キングエンパイア》型に白羽の矢が立つことになる。

なんとも奇妙な経過を辿っているが、《ジュピター・キングエンパイア》自体は再録のないベリーレアということで、知名度が上がってしまった今となっては、集めようと思っても意外と集めにくい1枚になっている。

  • コスト《超神星マーキュリー・ギガブリザード》と比べると、パワーが低く効果も地味な印象を受けるが、上に述べたような使い勝手の良さがあるので、一概にこちらが劣っているとは言い切れない。除去に対する耐性のなさを上手くカバーしてやりたいところ。
  • 「ジュピター」は木星。自然文明のイメージには合っているが、実際には緑というより茶色のガス惑星である。

サイクル

DM-19の惑星の名前を冠したフェニックス
生き残った旧種族+同じ文明ハイブリッド種族から進化できる。
いずれも強力なメテオバーン能力を持つ。

関連カード

収録セット

参考


Last-modified: 2019-10-10 (木) 19:49:26