地龍の化身(ドラコレイヤー・トーテム)

地龍の化身 R 自然文明 (5)
クリーチャー:ミステリー・トーテム 4000
サイレントスキル
SS−自分のマナゾーンからドラゴンを1体、バトルゾーンに出す。

DM-11で登場したミステリー・トーテム
サイレントスキルマナゾーンからドラゴンを出すことが出来る。

ドラゴンでさえあればどれだけ重くともコスト踏み倒しで出す事ができ、「進化でない」とも描かれてないため、進化元があれば進化ドラゴンも呼び出せる。
一見豪快で強力な能力だが、サイレントスキルの例に漏れず使いづらい。

活躍させたいならば、サポートカードで守ってやる必要があるだろう。
基本的にサイレントスキルは他のカードアンタッチャブルブロックされないようにして破壊を防ぐため、《ペトリアル・フレーム》《インビジブル・スーツ》などが必要となってくる。

登場からしばらくは5ターン目に召喚しても、使用できるのが7ターン目であり、7ターン目には同エキスパンション《ダブルソード・レッド・ドラゴン》を含めた各種7コストのドラゴンが出せるため、わざわざサイレントスキルで出す必要性があるかどうかが怪しいカードであったが、現在では《勝利天帝 Gメビウス》《偽りの王 ヴィルヘルム》などの大型ドラゴンの登場により、爆発力は格段に上がっている。また、《龍世界 ドラゴ大王》《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》《偽りの王 ナンバーナイン》のどれかを出せば次のターン以降のこのクリーチャーがやや生き残りやすくなる。

手札消費が激しくなるが《キリモミ・ヤマアラシ》《フェアリー・ギフト》との併用で早めに効果を発揮する事が可能となる。ただ、出したいドラゴンが決まっている場合は上記のように直接出したほうがいいので、「毎ターンドラゴンを呼び出すシステムクリーチャー」である事を十分に利用してやりたいところ。

  • 登場当時に比べてドラゴンが大幅に増え、このクリーチャーの利用価値も相対的に上がってはいるが、登場以来一度も再録されておらず、マイナーなレアカードという事もあって今から集めるのは困難。
  • イラストレーター曰く、このクリーチャーは怒ると逆立ちして襲いかかって来る、らしい。何故逆立ちするのかは実際にイラストを見て確かめてみると良いだろう。

収録セット

参考