知識(ちしき)精霊(せいれい)ロードリエス》

知識の精霊ロードリエス P(R) 光/水文明 (5)
クリーチャー:エンジェル・コマンド 4000
ブロッカー
このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。
このクリーチャーまたは自分の他の「ブロッカー」を持つクリーチャーをバトルゾーンに出した時、カードを1枚引いてもよい。

DMC-52で登場した/エンジェル・コマンド

殿堂入りした《雷鳴の守護者ミスト・リエス》の類似クリーチャー
ドロー能力は「自分の」「ブロッカーだけ」、とかなり限定的になったものの、即座にドローでき、種族が変更され、パワー上昇により火力耐性が向上している。

このカード自身がブロッカーであるため、即座に1ドローできる点が非常に優秀。返しの相手ターンで即座に除去されても無駄にならない点は《雷鳴の守護者ミスト・リエス》よりも優れている。
また、エンジェル・コマンド多色ブロッカーなので、《聖霊王アルカディアス》《聖鎧亜クイーン・アルカディアス》《白騎士の開眼者ウッズ》など、進化先のバリエーションが豊富なのも嬉しい。

この能力コストを見て真っ先に思いつくのは《ヘブンズ・ゲート》に繋げることだろう。【ヘブンズ・ゲート】の欠点である手札消費の激しさを恒久的に補いつつ、守りを固め、さらに後続に続けやすくなっている。

同じくブロッカーを並べる【ジェスターソード】【ハイドロ・ハリケーン】でも輝くだろう。軽量ブロッカーで固めたデッキならば連鎖的にクリーチャーを展開していけるだろう。

ドローソースとして見ると、真っ先に対抗馬に挙がるであろうカード《ハッスル・キャッスル》除去耐性、ドロー効果ではあちらが勝る。こちらはブロッカーでしかドローできないうえ多色であるため汎用性は劣るが、文明の違いで差別化はできている。

全体的になかなか強力なカードであり、ブロッカーデッキでは実戦的な「置きドロー」として活躍している。

ミスト・リエスが殿堂解除した現在も【ヘブンズ・ゲート】で使われている。

細かいルール

その他

  • アニメ「ビクトリー」ではデュエマ狩りの二人が勝太戦とべんちゃん戦で使用。いずれも《巡霊者ウェビウス》と組んだが、ドロー能力は使用しなかった。勝太戦ではフィニッシャーとなった。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考


Last-modified: 2019-02-28 (木) 21:40:07