清浄(せいじょう)精霊(せいれい)ウル》

清浄の精霊ウル P 光文明 (6)
クリーチャー:エンジェル・コマンド 4000
S・トリガー(このクリーチャーをシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい)
ブロッカー(このクリーチャーをタップして、相手クリーチャーの攻撃先をこのクリーチャーに変更してもよい)
このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、クリーチャーを1体選び、タップまたはアンタップする。

DMD-32で登場したエンジェル・コマンド
cipで敵味方問わずクリーチャーを1体をタップアンタップするブロッカーS・トリガー獣

名前やイラストの通り、《浄化の精霊ウルス》のリメイクカードで、中々渋めの能力を持つ。

このcip《逆転王女プリン》と同じものであり、ガチンコ・ジャッジのサポートに拘らないのなら、このカードの方がより強力なスペックと言える。
向こうと異なりブロッカーである為、最低限自身で相手のクリーチャーを1体を止める事もできる。エンジェル・コマンドという種族も汎用性の高いポイント。

しかしながら、必ずしもどんなデッキに入るカードパワーを持つかというとそうでもない。S・トリガー獣には《音階の精霊龍 コルティオール》《青寂の精霊龍 カーネル》《閃光の守護者ホーリー》という強力なライバルがいる。それぞれ種族スペックが異なる事から差別化は可能な為、必ずしも居場所が競合するわけではない。

しかし、だからこそこのカードにしかできない事、何故このカードを使わなければならないのかを吟味しなければならない。

基盤の役目、手撃ちのし易さ、革命チェンジなどを考えるなら《青寂の精霊龍 カーネル》には敵わないし、純粋な防御力という点では《閃光の守護者ホーリー》に負けてしまう。そもそもこのクリーチャーは相手プレイヤー攻撃できない

そういう意味で、エンジェル・コマンドという種族を生かすのは必須だろう。素でエンジェル・コマンドを持つS・トリガー獣は今までもいたが、その大半は汎用性の低い準バニラ。その中では、このカードは格段に使いやすい。

関連カード

収録セット

参考


Last-modified: 2019-12-05 (木) 08:46:37