終断δ(しゅうだんデルタ) ドルハカバ》

終断δ ドルハカバ UC 闇/火文明 (5)
クリーチャー:ソニック・コマンド/イニシャルズX 3000
スピードアタッカー
バトルゾーンに自分のフィールドがあれば、このクリーチャーを自分の墓地から召喚してもよい。

カード名の「デルタ」の表記は、実際のカードでは特殊文字、公式カードリストでは「Δ、デルタ」
なお、当wikiでは「δ」と表記する

DMR-23で登場した/ソニック・コマンド/イニシャルズX

バトルゾーンに自分のフィールドがあれば、墓地召喚できる能力を持つスピードアタッカー

コスト5のコマンドなので《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》封印を外せる上に、即攻撃可能なのであちらのパワーアタッカースレイヤー付与を付けることで殴り返しの役にも立つ。
墓地召喚D2フィールドでも代用できるが、やはり一番のオススメは最初からセットされている上にバトルゾーンを離れる事がない《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》だろう。
《リロード・チャージャー》などを使えば墓地にセットした状態で4ターン目から出すことができる。

さらにまたはコマンド指定の侵略、特にS級侵略を持つ《S級不死 デッドゾーン》《禁断の轟速 レッドゾーンX》との相性は抜群であり、進化元墓地からスピードアタッカーで飛んでくるという強烈なシナジーを生み出した。
ある意味墓地から召喚できる墓地進化というとんでもない代物であり、墓地肥やしさえ済ませてしまえば5マナ手札消費無しでこれらの強力な進化クリーチャーが登場する。

当然ながら手札からでも問題なく召喚できる上、仮に破壊してもまた5マナ支払えば復活してくるため、相手から見ると対処に困る非常に厄介なクリーチャーとなるだろう。
これらの強みがあるため、使用者の中には《終焉の禁断 ドルマゲドンX》目当てではなく、このクリーチャーを使いたいので《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》を採用するという事態まで起きてしまっている。

対処するにはバウンス破壊以外の除去フリーズ封印などが一番現実的だろう。
《ディオーネ》《百族の長 プチョヘンザ》などのスピードアタッカー封じも一時しのぎにはなる。

  • DMEX-06で再録された際、名前の「デルタ」が禁断文字からギリシャ文字の大文字(Δ)となった。
    なお、カード名の表記は違うものの同じカードとして扱い、禁断文字版とギリシャ文字版で合わせて4枚までしかデッキに入れられない。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考


Last-modified: 2019-07-27 (土) 18:31:05