炎槍(えんそう)水剣(すいけん)(さばき)

炎槍と水剣の裁 UC 水/火文明 (6)
呪文
パワー3000以下のクリーチャーをすべて破壊する。その後、破壊したクリーチャー1体につき1枚カードを引いてもよい。

DM-13で登場した/呪文

エキスパンションに収録された敵対色呪文の一つであり、自分のクリーチャーを含めたパワー3000以下の火力全体除去と、破壊したクリーチャーの数だけドローできる効果を持つ。

全体除去でありながら自分のクリーチャーを巻き込んでもアドバンテージを失わず、無駄なく手札に変換できる。相手クリーチャーを一掃しつつ、状況次第で《サイバー・ブレイン》をも上回るドローが可能という凄まじいカードパワーを誇る。ウィニー環境のスペシャリストであり、刺さってしまえば莫大なアドバンテージを稼ぎだす。

ただし、火力の宿命として、強さが環境に左右されやすい。聖拳編転生編の時期に比べるとビートダウンでの平均パワーの向上は著しく、この呪文を唱えても焼け石に水という状況も多々生まれている。
また、6マナでは【速攻】相手にマナブーストが間に合わず、S・トリガーも持っていないことから、対策になりにくい。

登場当時こそ刺さらない状況がほぼない圧倒的パワーカードであったが、プレミアム殿堂解除後はスーサイドを考慮し、環境を読んで使うべきカードになっている。

ルール

  • 引く枚数は任意に選択する事ができ、また最初に宣言する必要もない。
    例えば5体のクリーチャー破壊した場合は0枚から5枚まで引く事が可能であり、2枚で止めるか3枚目を引くかは2枚目を引いてから決めればよい。

環境において

聖拳編の末期に登場。《青銅の鎧》《シビレアシダケ》などの軽量cip持ちクリーチャーと非常に相性が良く、主に【ボルバルブルー】に搭載されて環境の高速化の一因となった。

当時はウィニーの平均パワーが軒並み3000以下だったため、大抵のクリーチャー破壊することができたのである。

また、このカードの存在によって不用意にウィニーを並べることは危険だったため、このカードが殿堂入り以前の4枚使えた当時は「クリーチャーを展開すればするほど、相手に利用されて不利になる危険性が付きまとう」という、本末転倒で悲惨なゲーム性を生んでいた。
また、一度《炎槍と水剣の裁》を打つと場のウィニーが居なくなるため、相手の《炎槍と水剣の裁》を腐らせることが出来ることから「先に撃った方が圧倒的に得をする」という性質を併せ持ち、先に引いた者勝ちという運ゲーを作り出していた。
《炎槍と水剣の裁》メタのために《炎槍と水剣の裁》が普及するという悪循環を起こしていたためこの運ゲーを逃れるのは困難であり、多くにプレイヤーを悩ませていた。

その高いスペックから2006年4月15日をもって殿堂入りとなったが、その後も活躍を続けた。《炎槍と水剣の裁》を打ち合うことはめっきり少なくなったが、一方でさらに極端な運ゲーを招いており、環境の悪質さでは無制限期となんら変わらないと言うプレイヤーも少なくなかった。

最終的に2007年11月15日付けでプレミアム殿堂に指定されることになり、以降は「裁く」という単語を聞くこともなくなった。

覚醒編では似たような能力《爆裂大河シルヴェスタ・V・ソード》エピソード3では調整版《演奏と真剣のLIVE》が登場するが、環境の変化や使い勝手の差もあり、メタゲームで注目されることはなかった。

その後、クリーチャーの基礎パワーの上昇と環境の高速化により、3000以下という範囲を6マナで打つのは全体火力としては心もとなくなっていた。さらに革命編期では《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》プレミアム殿堂から殿堂入り殿堂解除されたこともあり、このカードも殿堂解除すべきではないかとの声があがるようになった。そして、2016年2月1日よりプレミアム殿堂から無制限化への解除が発表された。しかし、先述の通りクリーチャーのインフレや復帰時に環境に君臨していた《メガ・マグマ・ドラゴン》の存在は大きく、こちらは環境に返り咲くには至らなかった。後の環境ではウィニーを展開するデッキが増えたが、《テック団の波壊Go!》などより手軽な除去も増えているため、こちらの採用率は上がっていない。

過去が過去だけに色々な議論が交わされることが多いが、「パワー4000以下除去であれば」「コスト4以下除去であれば」「S・トリガーが付いていれば」などと採用には一歩足りず、復帰以降は少なくとも盛んに使われることは無くなった。

《異端流し オニカマス》の登場以降は返し手のひとつとして一定の再評価がされた。

その他

  • プレミアム殿堂から無制限へ直接解禁されたことで話題となったが、《炎槍と水剣の裁》の殿堂時代は極端な運ゲーを作り出しており、「悪質さでは無制限期となんら変わらない」とまで言われていた。その過去を考えれば、解禁時に殿堂をすっ飛ばすことになったのも当然といえる。
  • モチーフは、Magic:The Gatheringのアーティファクト(デュエマで言うクロスギア)《火と氷の剣》だと思われる。違いはいくつかあるが、得られる効果は「火力とドロー」という点で共通している。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考


Last-modified: 2019-10-01 (火) 12:05:39