《ポクチンちん》

ポクチンちん SR 無色[ジョーカーズ] (3)
クリーチャー:ジョーカーズ 3000
相手のターン中に、相手がコストを支払わずにクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手はそれを自身の山札の一番下に置く。
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、プレイヤーを1人選ぶ。そのプレイヤーは自身の墓地にあるカードをすべて山札に加えてシャッフルする。

DMEX-02で登場した無色ジョーカーズ

相手のターン中、コストを支払わずにバトルゾーンに出た相手のクリーチャー山札の下に置かせるコスト踏み倒しメタ能力と、プレイヤー1人の墓地にあるカードすべてを山札に戻すcip能力を併せ持つ。
2つともメタの類に入る能力ではあるが、後述するように環境を大きく揺るがすほどの強さを誇る。

前者のコスト踏み倒しメタは、回収が難しい山札の下に送る上に、G・ゼロなどの召喚にも対応するため、新章以降よく見られるメタの中でも、かなり強力な部類に入る。ただし、新章以降に登場したコスト踏み倒しメタの御多分に洩れず、自分のターン中は能力が発動しない点には注意。また、「コストを支払ったものとして召喚するGR召喚には対応していない。
《洗脳センノー》とは違ってcipを許すのが唯一の欠点だが、それでも凶悪。

後者の墓地リセットは、相手の墓地肥やしの妨害はもちろんのこと、自分の山札切れの防止や墓地に落ちた自分のキーカードを山札経由での再利用を行うことができるため、とても便利。ただし、能力は強制なため、必ずどちらかのプレイヤーを選んで能力を行使しなければならない。選んだプレイヤーの墓地にカードがなければ、シャッフルのみを行う。
しかも、新章以降のカードらしく、これほど強力なメタ能力を持ちながら一定水準のパワーは確保されているため、《ゼンメツー・スクラッパー》《堕魔 ドゥシーザ》に引っかからない耐久力もある。

数多くのデッキに刺さるため、このカードによって手札で腐ってしまうカードも多い。対面するデッキによっては、メタというよりもロックに近い役割を持つこともある。

環境において

その凶悪なメタ性能から、DMEX-02発売前から大きな注目を集めた一枚。

発売直後は、当時流行していた【デ・スザーク】や、大会で実績のある【ジャバランガループ】に刺さり、このカードが無色であることもあって、その汎用性の高さから【ジョーカーズ】以外でも出張パーツとして多くのデッキに投入された。従来の軽量級のメタカードとは、一線を画すほどの異常なまでの人気を誇っていた。

デッキスピード的にループ系統がキツイ【チェンジザダンテ】にもメタカードとしても使用され、【デ・スザーク】を苦手としていた【ジョーカーズ】にとっても、救世主のようなカードだった。

自分の墓地に呪文が溜まらないようにするため、《虚構の影バトウ・ショルダー》ツインパクトメタとしてほとんど評価されない一因でもある。

【ジョラゴンループ】のループパーツとしても猛威をふるい、一時期殿堂入りを危惧された。【ジョラゴンループ】はこのカードが複数枚使えないと成立しないためであり、2019年6月初頭にシングルレートも下落。
しかし、実際に殿堂入りに指定されたのは《ガヨウ神》だった。これによって【ジョラゴンループ】は環境から一歩引く形となり、殿堂入りを免れたこのカードも価格は落ち着いたままである。

2019年7月1日の殿堂レギュレーション改訂後しばらくは【ジョラゴンループ】の模索を図るプレイヤーによって一定数使われたが、間もなくして台頭した後発の【赤緑ジョーカーズミッツァイル】では自軍を破壊する《BAKUOOON・ミッツァイル》との相性が悪い点から早々に候補から外れ、墓地利用メタとしても何らかの大規模GR召喚手段によって安定して場に出ることができる《ポクタマたま》に立場を譲るようになり、環境であまり見かけないカードとなった。このカードが消えたことが【カリヤドネループ】の出世をもたらしたとも言える。

しばらく環境に影響を及ぼせなかったが、「DMGP-9th」開催から1週間が経過したあたりからチャンピオンシップ4位以内入賞が目立った【青緑ジョラゴン】で復権を見ている。

その他

  • モチーフは木魚、鈴*1。頭には線香を載せている。
    • カード名の由来は木魚を叩く音(ポクポク)と鈴の擬音「ちーん」であると思われる。
  • テキスト1行目の「バトルゾー(ン)」が偶然にもイラストと重なってしまい「バトルヅー(ン)」に見える。
  • アニメでは「デュエル・マスターズ!」14話で登場。
    ジョーカーズ殺人事件の被害者にお経をあげていたほか、死人をお化けとして蘇らせる能力を持つ。モチーフがモチーフだけに、常に読経のような抑揚を抑えた話し方をしていた。デュエマでは黒い人戦で使用。cip黒い人の墓地利用戦略を封じた。
    • ジョーはこのクリーチャーを作った事を覚えておらず、黒い人同様にデッキーが寝ぼけて創造したものと思われる。
    • 担当声優はハニーQと同じ國立幸氏。 なお、EDクレジットでの表記は「ポクチンチン」となっていた。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考


*1 「すず」ではなく「りん」と読む。仏壇に置いてある、お椀型で金属製のあれのこと。