《ディオーネ》

ディオーネ VR 水文明 (3)
クリーチャー:シー・ハッカー 3000
ブロッカー
「スピードアタッカー」を持つクリーチャーは、バトルゾーンに出たターン、攻撃できない。
このクリーチャーは攻撃できない。

DM-14で登場したシー・ハッカー
スピードアタッカーを無力化できる能力を持つブロッカー
自分にも相手にも適用される。

似たような役割を持つ比較対象は《スベンガリィ・クロウラー》《その子供、凶暴につき》など。足止め範囲はあちらの方が優秀だが、ブロッカーや軽さ、《激天下!シャチホコ・カイザー》リアニメイト可能な点で差別化したい。

環境において

登場当時、環境トップに君臨していた《無双竜機ボルバルザーク》を足止めできる性能を持っていたが、《炎槍と水剣の裁》の火力範囲であることや《無頼勇騎ウインドアックス》等で簡単に退かされることなどから【ボルバルブルー】への対策としては不十分で、採用されることは稀だった。【速攻】対策として見ても赤絡みの速攻には《火炎流星弾》などのブロッカー除去で退かされ、【パシフィック青単】に対しては準バニラ同然であった。

《炎槍と水剣の裁》殿堂入りした後は、次期環境トップの《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》のストッパーとして使用率が激増するが、そちらがプレミアム殿堂に指定されてからは再び環境から姿を消す。それ以降は、速攻スピードアタッカーによる1ショットキルが流行るたびに注目を集めるも、パワー3000のブロッカーという除去のされやすさから、なかなか環境に食い込めないでいた。特に《超次元ボルシャック・ホール》が流行していた覚醒編環境《超次元シューティング・ホール》が流行していたエピソード1環境では酷評が相次ぎ、それらで除去されずスピードアタッカー以外にも強い《スベンガリィ・クロウラー》の方が採用率が高かった。

それでもドラゴン・サーガ以降から強力な能力を持ち合わせたスピードアタッカーが露骨に増えていったため、注目度自体は徐々に上がっていった。

そして、革命ファイナルでは《蒼き団長 ドギラゴン剣》新章デュエル・マスターズでは《“罰怒”ブランド》超天篇では《BAKUOOON・ミッツァイル》と、序盤から自軍にスピードアタッカー付与するクリーチャーが続々と登場した。
《その子供、凶暴につき》《波乗りザブンプル》ではそれに対処できず、ブロッカー除去の採用が下火になっていったこともあり評価は改善されたが、メタ対象が限定されること等から採用するデッキは少なく相変わらずマイナーなカードであった。

DMBD-09DMBD-10期では、【赤単ブランド】の速攻に間に合わせるため【青黒緑デッドダムド】に投入されるケースが増えた。相性の悪い《“轟轟轟”ブランド》殿堂入りしたことも追い風であった。

DMRP-11文明違いの1コスト上に遥かに汎用性の高い《龍装車 ピオドーロ/毒汁100%》が登場。こちらの流行は終息する流れとなった。こちらは軽さとブロッカーが付いている点で差別化する必要に追われた。

その他

  • 元ネタは土星の第4衛星であるディオネだろう。
  • 漫画「フラッシュ」でオウルが使用。テル速攻を止めた。

関連カード

収録セット

参考


Last-modified: 2019-09-14 (土) 03:26:01