《アポカリプス・デイ》

アポカリプス・デイ R 光文明 (6)
呪文
S・トリガー
バトルゾーンにクリーチャーが6体以上あれば、それらをすべて破壊する。

DM-14で登場した呪文

には珍しい全体除去であり、敵味方合わせて6体以上のクリーチャーがいればそれらをすべて破壊する。盤面をひっくり返すことができる強力な除去S・トリガーである。

「相手の」とは限定していないため、自分と相手で合わせて6体以上のクリーチャーがいれば全て破壊する。クリーチャーが多く並ぶ【ガーディアン】【イニシエート】などの【クリーチャーコントロール】相手には深く突き刺さる。墓地回収リアニメイトの無いデッキ相手に撃ち込めれば致命傷となりうる。

または【ヘブンズ・ゲート】のようなコスト踏み倒しや、クリーチャーを並べての1ショットキルへの対策として用いられることが多い。【除去コントロール】における除去の手段や、ミラーマッチ対策として1枚差される事もある。

積極的にこの呪文を使用してアドバンテージを稼ぐ【アポカリプスコントロール】というデッキも存在し、《予言者ファルシ》などのpig持ちクリーチャーと組み合わせることが多い。

欠点は自分のクリーチャー破壊してしまうこと。条件を能動的に満たそうとすると、自分からクリーチャーを並べていく必要があるが、そうすると全体除去で失うアドバンテージも大きくなる。

爆発力は高いが、どのようなデッキにでも入るカードではないため、よく考えて使いたい。

S・トリガーを持っていることから、クリーチャーを並べて一気に1ショットキルを狙いに行くデッキに対しては4枚投入したいところだが、そうでないデッキに対しては腐ってしまうため、4枚投入するわけにはいかないというジレンマが生じてしまっている。

現在は、《メガ・マグマ・ドラゴン》《テック団の波壊Go!》など、このカードより使い勝手が良く、腐りにくい全体除去が登場したため、立場が怪しくなっている。

  • アポカリプス(Apocalypse)は英語で大事件や大災害の代名詞。もともとは「最後の審判」を描いた(とされる)新約聖書の一篇「ヨハネの黙示禄」のこと。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考


Last-modified: 2019-09-20 (金) 08:12:38