《アストラル・リーフ》

アストラル・リーフ VR 水文明 (2)
進化クリーチャー:サイバー・ウイルス 4000
進化−自分のサイバー・ウイルス1体の上に置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、カードを3枚引いてもよい。

DM-04で登場した初代進化サイバー・ウイルス

登場した基本セット環境から殿堂入りされた闘魂編環境までの間、その理不尽なまでの強力さでメタゲームの中心に居座り続けていたカードである。

基本的に進化クリーチャー進化元となるクリーチャーディスアドバンテージにしてバトルゾーン召喚されるため、多少なりともコストに対してオーバースペックにデザインされているが、《アストラル・リーフ》はそれを余りあるほどのスペックを備えている。

2マナ(と特定のフィールドアドバンテージに重ねることによるハンドアドバンテージ−1)という代償に対して、
3枚の手札補充をしながら、召喚酔いのないパワー4000のクリーチャーが出てくる
という、これだけでゲームを決めかねない絶大なアドバンテージを叩き出すことができ、ゲームバランスを崩壊させるには十分すぎるものだった。

何よりこのカードと同じエキスパンションに1マナ進化元《マリン・フラワー》が存在したことがこのカードの隆盛を助長したと言える。
《マリン・フラワー》のせいで2ターン目にしてパワー4000の攻撃可能なクリーチャーに加え、手札アドバンテージ1:3交換という鬼畜な展開が可能であったため、ほとんどのデッキでは両方のカードが4枚ずつフルに投入された。
まもなく誕生した《エグゼズ・ワイバーン》はこのクリーチャー対策のために生み出されたといってもよい。

殿堂入りした後も、サイバー型の【青単速攻】では必須カードとして積まれていた。運よく引けたならば《マリン・フラワー》《フォーチュン・ボール》などから進化して、ドローしつつ攻め込むことができた。中でも《パラダイス・アロマ》からコスト0で進化する流れは凶悪だった。

エピソード2になると、【サイバー青単】の主力はサイバーロードからしか進化できない《エンペラー・ベーシックーン》となった。こちらはサイバー・ウイルスから進化するので、併用したい場合は進化元の比率などを慎重に調整するべきだろう。

革命編では軽量進化元である《T・アナーゴ》を獲得。

革命ファイナルで登場した革命チェンジとは抜群の相性を誇る。召喚酔いしないクリーチャーなので即座に革命チェンジが出来る上に、手札に戻れば複数回にわたって強力なcipを使いまわすことができる。
進化元ごと回収すればフィールドアドバンテージを得た上で実質3ドロー出来る。《マリン・フラワー》等の1コストから進化させれば、僅か3コストで使い回せるようになり《サイバー・ブレイン》も真っ青なスペックとなる。
《タイム3 シドXII》《【問3】ジーン↑》に入れ替え続ければ目にも留まらぬ勢いで手札が増えていく。これなら《時の法皇 ミラダンテXII》ですら唱えたい呪文付きで容易に手札に集められる。こうしたデッキ殿堂ゼロデュエル【リーフミラダンテ】として使用されていた。

その後、2019年1月21日付けで殿堂解除となった。4積みが可能となり、革命チェンジで入れ替える動きが安定して行えるようになった。
しかし、サイバー・ウイルスという種族そのものへの冷遇が長期間続いており、他種族における低〜中コストクリーチャーインフレに匹敵するような優秀な軽量進化元となる新規カードをほぼ獲得できていない。このクリーチャー自体は依然強力ではあるが、このカードを投入するにあたり、ただ軽いだけの進化元サイバー・ウイルスもある程度投入しなければならない。殿堂以前と比べると、手札の量より質が求められる傾向が強い復帰時の環境では、これが無視できないデメリットになっている。

だが殿堂入りしている間に《ルナ・コスモビュー》《絶海の虎将 ティガウォック》《ヘビー級ヘビー》革命チェンジなど相性の良いカードも増えているので、進化元デメリットを覚悟してでも使う価値はあるだろう。

後にジョーカーズから2マナで3枚の手札補充を可能とする《スッポンジトム》が登場。しかし、こちらは進化クリーチャーなのでスピード性と単純なパワーでは依然こちらが上回っている。

  • 「リーフ」とは、誤解されやすいが『葉っぱ』(leaf)ではなく『礁』(reef)のこと。有名なものでグレートバリアリーフなどがある。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考


Last-modified: 2019-07-14 (日) 19:13:42