#author("2022-05-12T15:09:23+09:00","","")
#author("2022-05-12T15:09:47+09:00","","")
*DMBD-20 「開発部セレクションデッキ 水闇魔導具」 [#ea7d9cbc]

-''PREV'':[[DMBD-19 「開発部セレクションデッキ 火水覇道」>DMBD-19]]

2022年5月21日発売。値段は3300円(税込)。

-全[[カード]]が[[シルバーフレーム>銀枠]]で新規カードは無し。''大会で活躍した憧れのデッキタイプが「すぐに」「手軽に」手に入る、新コンセプトの構築済みデッキ!''という触れ込み。再録内容に対して3300円という比較的安価な価格設定を考えると、レジェンドスーパーデッキシリーズよりもよほど従来の[[スーパーデッキ]]に近い形である。
-このデッキと[[DMBD-19]]に収録されているカードの[[フレーバーテキスト]]にはカードやデッキを使う際のアドバイスや実戦で気にすべきことが''丁寧語で''記述されている。
--特に[[《堕魔 ドゥポイズ》]]や[[《堕呪 エアヴォ》]]には''[[無月の門]]で戦う上で非常に重要になる立ち回りが記されている。''ただの[[フレーバーテキスト]]と侮らず、しっかり読み込んで内容を把握しておく事でより柔軟にデッキを動かす事ができるだろう。
-[[《卍 デ・スザーク 卍》]]と[[《卍月 ガ・リュザーク 卍/卍・獄・殺》]]の「卍」部分のフォントが[[DMEX-18]]の[[《凶鬼卍号 メラヴォルガル》]]のものに変更されている。
-[[構築済みデッキ]]では珍しく、切り札([[《ガル・ラガンザーク》]])が[[4枚積み]]されている。
-CM((https://twitter.com/t2duema/status/1523090553658880000))は切り札の[[《ガル・ラガンザーク》]]よりも再録の[[《絶望と反魂と滅殺の決断》]]を前面に押し出した異例とも言える構成になっている。
-CM((https://twitter.com/t2duema/status/1523090553658880000))は切り札の[[《ガル・ラガンザーク》]]よりも2枚しか再録されていない[[《絶望と反魂と滅殺の決断》]]を前面に押し出した異例とも言える構成になっている。
--使われている曲は、スイス生まれの童謡「おおブレネリ」の替え歌となっている。

**収録セット [#a62a0eaa]
◆=新規イラスト
|■収録カード|■枚数|h
|~闇文明|~(25)|
|[[《堕魔 ドゥポイズ》]]|4|
|[[《堕魔 ドゥリンリ》]]|4|
|[[《堕魔 グリギャン》]]|4|
|[[《堕魔 ヴォガイガ》]]|4|
|[[《追憶人形ラビリピト》]]◆|3|
|[[《絶望と反魂と滅殺の決断》]]◆|2|
|[[《卍 デ・スザーク 卍》]]|1|
|[[《卍月 ガ・リュザーク 卍/卍・獄・殺》]]|3|
|~水文明|~(11)|
|[[《堕呪 バレッドゥ》]]|4|
|[[《堕呪 カージグリ》]]|4|
|[[《堕呪 エアヴォ》]]|3|
|~水/闇文明|~(4)|
|[[《ガル・ラガンザーク》]]|4|

**参考 [#a39a46c4]
-[[構築済みデッキ]]
-[[【青黒ガル・ラガンザーク】]]

&tag(構築済みデッキ);