#author("2021-11-13T03:52:06+09:00","","")
#author("2021-11-13T11:34:45+09:00","","")
*入れ替える [#jd15f5ed]

異なる[[ゾーン]]にある[[カード]]同士の場所を交換し、双方を同時に移動させる[[キーワード処理]]のこと。
[[DM-10]]の[[《天動の化身》]]と[[《魔天降臨》]]が初出だが、「入れ替える」というテキストは使われていない。
「[[入れ替える]]」というテキスト([[キーワード処理]])が登場したのは月刊[[コロコロコミック]]2016年5月号付録の[[革命チェンジ]]から。

[[《エメラル》]]や[[《母なる大地》]]のように、結果的に入れ替わる形になっても、別々のタイミングでカードを移動させているものは、[[キーワード処理]]の「入れ替える」と見なさない。

|マテン龍樹 SR 闇/自然文明 (6)|
|クリーチャー:ジャイアント・ドラゴン/不死樹王国 8000|
|マッハファイター|
|W・ブレイカー|
|このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から5枚を墓地に置いてもよい。|
|このクリーチャーがバトルに勝った時、自分の墓地にあるカードすべてと、自分のマナゾーンにあるカードすべてを入れ替えてもよい。|
|<フシギバース>[闇/自然(10)](自分のクリーチャーを1体タップしてマナゾーンに置き、[闇/自然(10)]からそのクリーチャーのコストを引いた数のコストを支払って、このクリーチャーを自分の墓地から召喚してもよい。ただし、コストは[闇/自然(2)]より小さくならない)|

**概要 [#y1230862]

入れ替えるにも2種類ある
+各ゾーンのそれぞれ1枚(1体)のカードが入れ替わるもの
+各ゾーンのカードすべてが入れ替わるもの

**1.について [#e6fdcd43]

-[[バトルゾーン]]にある[[クリーチャー]]が攻撃時に他のクリーチャーと入れ替わる場合、元の[[クリーチャー]]の位相([[タップ]]状態か[[アンタップ]]状態か)と[[攻撃]]を引き継ぐ。
--例えば[[《二刀流トレーニング》]]や[[《チョクシン・ゴー》]]などで入れ替える前の[[クリーチャー]]が[[アンタップ]]状態になっているのなら、入れ替わった[[クリーチャー]]も[[アンタップ]]状態で出て来る。
ただし、その他の[[付与]]された[[能力]]、および[[効果]]や[[クロス]]・[[装備]]などの対象は引き継がれない。[[召喚酔い]]の可否も引き継がれず、こうして出て来た[[クリーチャー]]は[[召喚酔い]]をしているため、[[攻撃]]後にもう一度[[タップ]]して[[攻撃]]するという事は基本的に出来ない。
//---また、[[攻撃]]中の状態が引き継がれているので[[《タンスかみなりヒゲおやじ》]]などの[[パワーアタッカー]]を持つ[[クリーチャー]]と入れ替わっている場合、問題なく[[パンプアップ]]される。
---また、[[攻撃]]中の状態が引き継がれているので[[《タンスかみなりヒゲおやじ》]]などの[[パワーアタッカー]]を持つ[[クリーチャー]]を入れ替えて出した場合、問題なく[[パンプアップ]]される。
//↑パワーアタッカーは常在型能力なので、発生源のクリーチャーがいなくなった時点で効果は無くなる。
//↑入れ替え元じゃなくて入れ替え先想定かと

-[[カード]]同士の入れ替えが成立しない場合、''能力は不発となり、カードは移動しない''。何かしらの効果で、どちらかのカードが元にとどまる場合が該当する。さらに、2020年11月19日以降の正式裁定では、どちらかのゾーンのカードの[[除去置換効果]]などが発生する場合、その置換効果も発生せず、双方のカードの状態に一切変化がなくなる。バトルゾーンのクリーチャーが入れ替わる場合、[[解除]]や[[龍回避]]を持ったクリーチャーは裏返ることはなく、[[真・エスケープ]]を持ったクリーチャーによってシールドが手札に加わることもない。
--[[《インフィニティ・ドラゴン》]]のように確実ではないが、置換効果を処理した際にバトルゾーンに残る可能性があるクリーチャーとの革命チェンジも不発に終わる。[[《インフィニティ・ドラゴン》]]の山札の上を見る効果すらも発動しない。
--クリーチャー全体の移動を[[強制]][[効果]]で封じてしまうカードとの相性は最悪である。[[《侵略者 フェイスレス》]]、[[《Dの禁断 ドキンダムエリア》]]、[[《気高き魂 不動》]]らとの併用は本来の用途では不可能であるが、できるものだと思って同時搭載しているプレイヤーもそれなりに存在する。
--2020年11月19日以前は、革命チェンジが失敗しても、チェンジ先はバトルゾーンに出さなくても、[[除去置換効果]]は発生する裁定だった。あの悪名高い戦術、[[閣ループ>《爆熱DX バトライ武神》#kaku]]もこの裁定によって実行できたものであった。
//--[[《太陽王ソウル・フェニックス》]]の場合、構成[[クリーチャー]]のいずれか1枚しか戻せないため[[攻撃]][[クリーチャー]]が残ってしまう形になるが、チェンジ元を[[手札]]に戻しているのでチェンジは成立し、チェンジで出てきた[[クリーチャー]]が[[攻撃]][[クリーチャー]]になる。(2016年4月21日時点事務局暫定回答)
--[[リンク]]中の[[ゴッド]]や[[《太陽王ソウル・フェニックス》]]のように、バトルゾーンを離れる際に構成[[カード]]のいずれか1枚しか戻せないクリーチャーも、[[革命チェンジ]]は不発に終わる。
--''クリーチャー同士''の入れ替えのため、オーラが[[《太陽王ソウル・フェニックス》]]についている場合は、オーラが手札に戻る((オーラが付いた《太陽王ソウル・フェニックス》がバトルゾーンを離れる時、一番上のオーラがバトルゾーンを離れるという正式回答が出ている))。ため、革命チェンジは不発になる。
--[[サイキック・クリーチャー]]や[[ドラグハート・クリーチャー]]は[[手札]]に戻してから[[超次元ゾーン]]へ置かれるので問題なくチェンジが成立する。&br;なお、[[リンク解除]]持ちの[[サイキック・スーパー・クリーチャー]]は[[手札]]に戻ることなく[[セル]]が[[超次元ゾーン]]へ直接送還される処理になるので、不発になる。
--2体以上革命チェンジを[[トリガー]]させ、革命チェンジ1体目が失敗して対象が[[バトルゾーン]]に留まった場合、そのまま2体目のチェンジを実行できる。&br;例として[[《真・天命王 ネバーエンド》]]の[[攻撃]]時にチェンジしようとして[[真・エスケープ]]で留まった場合など。
--あくまで[[革命チェンジ]]によって手札に戻さないと成立しない。[[エターナル・Ω]]のように離れるかわりに手札に戻る[[置換効果]]で[[革命チェンジ]]で手札に戻す処理を上書きしてしまう処理が行われる場合も、不発に終わってしまう。

-前述した通り、入れ替えは同時に行われるため、カードの枚数を参照する[[誘発型能力]]が[[誘発]]した時、入れ替わった時の状態を参照する。
--例えば、自分のマナゾーンにカードが7枚あり、相手の[[《奇石 ミクセル》>《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》]]がバトルゾーンにいる時、進化元が1体いる[[《ジャンゴ・ニャーンズ》]]が、コスト8の[[《オラマッハ・ザ・ジョニー》]]と[[Jチェンジ]]で入れ替わった時、[[《ジャンゴ・ニャーンズ》]]とその進化元がマナゾーンに置かれたことによってマナゾーンのカードの枚数は8枚になっているので、《奇石 ミクセル》の効果で山札の下に置かれることはない。

***この能力を持つカード[#c389679e]
-[[《夜に吹くシト》]]
-[[《シャンデレラ・ボーイ》]]
-[[《「忍」の鬼 ジライヤ齋》]]
-各種[[革命チェンジ]]
-各種[[Jチェンジ]]

**2.について [#m36b79e0]
-1.と違い、''片方のゾーンにカードが1枚もなくても、入れ替えは成立する''。
--例として[[《魔天降臨》]]を唱えた時、手札にカードがなくても、マナゾーンのカードがすべて手札に戻る。

-置換効果等によって、元のゾーンにとどまったり、別のゾーンに移動するカードがあっても、その効果は発動し、残りのカードだけで入れ替えが成立する。
--相手の[[《カルマ大司教 ゾロスター》]]がバトルゾーンにいる時に、自分が[[《オールサンライズ》]]を唱えてシールドゾーンと山札のカードを総入れ替えする場合、[[《カルマ大司教 ゾロスター》]]の置換効果で自分のシールドはすべて手札に加わり、山札のカードはすべてシールドゾーンに置かれる形になる([[ライブラリアウト]]してしまう)。
--逆に[[《デュエマの鬼!キクチ師範代》]]がいる場合は、山札がすべてシャッフルされて、シールドのカードはすべて山札に行くと思われるが、それが山札のどこに置かれるかは不明。

//-置換効果ではない効果で、片方のゾーンのカードの移動が禁止されている時、入れ替えは不成立となり、両ゾーンのカードはどちらも移動しない。
//701.26c 置換効果『等』によって一部のカードの移動が正常に行われない場合でも、残りのカードの入れ替えは実行されます よって置換効果以外も対象

-2つのゾーンを''同時''に移動するため、片方のゾーンにカードが集中する瞬間は存在しない。
-[[マナゾーン]]と[[手札]]に[[カード]]がある状態で[[《魔天降臨》]]を使った場合、[[《紅神龍オグリストヴァル》]]も[[《ウマキン☆プロジェクト》]]も[[パワー]]が一瞬0になって[[破壊]]されるということはない。

***この能力を持つカード [#ua9ae839]
-[[《魔天降臨》]]
-[[《オールサンライズ》]]

**その他 [#f1a9b87b]

-[[《魔天降臨》]]の最新テキストでは「[[交換]]」と表現されている。

-[[シールド交換]]や[[手札交換]]など、俗に[[交換]]と呼ばれる[[カード]]([[効果]])のほぼすべては[[ゾーン]]移動を同時ではなく順番に処理する。これを利用したギミックを持つデッキに[[【マーシャルエクストラウィン】]]がある。

**参考 [#c2152d2a]
-[[用語集]]
-[[交換]]
-[[手札交換]]
-[[シールド交換]]
-[[革命チェンジ]]
-[[Jチェンジ]]
-[[《マテン龍樹》]]

----
[[公式Q&A]]

>Q.バトルゾーンに自分の[[《不筋男》]]がいる状況で、相手の[[《「忍」の鬼 ジライヤ齋》]]が攻撃し、鬼タイムの能力によって墓地のクリーチャーと入れ替わった時、入れ替わったあとのクリーチャーを[[《不筋男》]]の能力で破壊できますか?
A.いいえ、破壊できません。
テキストにある「そのクリーチャー」とは攻撃を開始したクリーチャーのことを指します。能力によって攻撃クリーチャーが入れ替わっているため、《不筋男》のみが破壊されます。(総合ルール506.3a)
[[引用元>https://dm.takaratomy.co.jp/rule/qa/33626]]

>Q.自分の手札に[[《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》]]があり、自分のマナゾーンに[[《オラマッハ・ザ・ジョニー》]]がある状況です。自分の[[《ソーナンデス》]]が攻撃した時、自分は[[《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》]]の「革命チェンジ」の宣言をしました。先にマナゾーンの[[《オラマッハ・ザ・ジョニー》]]と「Jチェンジ」を行ってから、その[[《オラマッハ・ザ・ジョニー》]]と[[《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》]]を「革命チェンジ」で''入れ替え''られますか?
A.いいえ、できません。「革命チェンジ」を宣言した時点での攻撃クリーチャーは[[《ソーナンデス》]]ですので、先に「Jチェンジ」で別のクリーチャーと''入れ替え''た場合、更に''入れ替える''ことができません。「革命チェンジ」を先に解決した場合も同様で、''入れ替え''たクリーチャーをマナゾーンのクリーチャーと更に''入れ替える''ことはできません。
[[引用元:https://dm.takaratomy.co.jp/rule/qa/40164]](2021.9.24)

&tag(用語集,入れ替える,コスト踏み倒し);