デュエマGR(ガチャレンジ)爆速(ばくそく)スタート52(まい)デッキセット

2019年3月15日に発売された、月刊コロコロコミック2019年4月号付録の構築済みデッキ

新規カードは8種類。このうち

メインデッキで統一されており、前回前々回より使いやすくなっている。
またしてもバニラが多めだが、今回は新章デュエル・マスターズ以降のカード中心で組まれており、《解体屋ピーカプ》などの古典的なカードはほとんど収録されていない。
超GRの先行体験を兼ねており、超GRを揃える為のパーツ取りにも使える内容だった。


収録カード

超GR

メインデッキ

お勧めの改良法

超GR

抜くカード枚数
■無色枚数
《メタルポンの助》6

メインデッキ

超GRについては、《メタルポンの助》を有用な能力持ちジョーカーズと入れ替えた例。
特にコスト軽減を持つ《ヤッタレロボ》を早期に出せれば一気に有利になるだろう。
《The ジョラゴンGS》の能力を生かすため、超GRだけでもジョーカーズで統一したい。
今回は手を付けなかったが、《The カップラー漢》も入れ替え候補である。

メインデッキについては、3〜4マナかつ性能が低いもの・デッキの動きに関係ないものを別のカードと入れ替えた例。
《バーバーパパ》召喚酔いを無視してシールドブレイクができるW・ブレイカーである。J・O・Eによって5マナで呼び出せる。W・ブレイカーの一枚も入っていないのでは寂しいと判断して採用した。
《花美師ハナコ》は攻め手を増やしながら手札補充ができる。「序盤から軽いカードを乱発し、こちらのシールドが無くなる前に殴りきる」というデッキであることを認識していただきたい。
《大繁盛!バッドドッグレストラン》S・トリガー枠である。単純に1少ないコストで《メリコミ・フィスト》と同じ働きをしてくれる。

他にもお勧めしたいカードはたくさんある。自分でカードを買い足しながら色々なカードを使ってみてほしい。
特にも、無色カードのルールが理解できるプレイヤーには《ジョジョジョ・ジョーカーズ》《ヤッタレマン》を、ツインパクトのルールが理解できるプレイヤーには《ムシ無視のんのん/灰になるほどヒート》を勧めたい。

参考


Last-modified: 2019-07-06 (土) 03:12:13