ジョーカーズ

月刊コロコロコミック2017年3月号で初登場した種族、もしくはカードの特性

新章デュエル・マスターズ期では、デュエル・マスターズにおける「第6の文明」・ジョーカーズ文明として宣伝されることが多かったが、ゲーム上では種族として扱われる。ジョーカーズ文明はあくまで種族的な立ち位置であるため、有色との併存が可能。

ジョーカーズのカードは右上(マナコストの反対側)にジョーカーズのシンボルが入っている(後述の参照能力でチェックしやすくするためと思われる)。マナ数のシンボルも「J」の文字の形になる。種族欄は他の種族と違って白地になっている。

基本的には無色だが、ストーリーやアニメを見る限り、無色故に他人の影響を受けて他の文明に変化するらしい。

  • 「小学生である切札 ジョーが創造した」と言う設定から、応援団ミラーボールなどをはじめ、現代的であったり小学生に身近な存在であったりするものをモチーフとしたカードが多い。特に切札 ジョーの好物であるラーメンをモチーフにしたカードは頻繁に登場している。
    • カードイラストの背景が部屋の中だったり街中だったりとおおよそ我々人間が日常風景でもよく見られる光景が多い。山より大きかったり果ては宇宙規模にもなるサイズがザラにあるデュエルマスターズのクリーチャーとしては珍しく巨大さを感じさせないデザインになっている事が多い。
      • 漫画「デュエル・マスターズ(2017)」5巻の巻末オマケ漫画では、作者の松本しげのぶが「子供の願望を実現するクリーチャー」というコンセプトでジョーカーズの原画を描いて担当編集者に提出したことが明かされ、さらに「クリーチャーの生活感を描きたい」という目的がジョーカーズのデザイン担当に踏み切った背景にあったことが示されている。

※例

カード名モチーフ及び元ネタ
《キンチョーラー》大日本除虫菊の殺虫スプレー「キンチョール」
《TOYザマス》玩具量販店「トイザらス」
《ファイト! イッパツマン》エナジードリンク+「リポビタンD」+タツノコプロのアニメ「逆転イッパツマン」
《SMAPON》スマートフォン+アイドルグループ「SMAP」
《シャダンQ》遮断機+日本のロックバンド「シャ乱Q」
《アゲアゲ・マイコー》マイク+「テンションアゲアゲ」+アメリカのエンターテイナー「マイケル・ジャクソン」
《ウォッシャ幾三》洗濯機+演歌歌手「吉幾三」
《ゴッド・ガヨンダム》画用紙+アニメ「機動武闘伝Gガンダム」の主役機「ゴッドガンダム」

名前の元ネタは、2010年代の現役小学生とは思えないものが大量に存在するが気にしてはいけない。

  • 新章期の構築済みデッキに収録されるフィニッシャーは、スーパー戦隊や勇者シリーズを彷彿とさせるような人型ロボットとなっており、またそれをデフォルメしたようなクリーチャーが同時収録されるのが特徴。
    命名ルールは「超○級(Q) 〜オー」となっている。後にそれらはゲキシンオーFTで「超勇者」シリーズとして定義され、お約束の合体を果たした。
  • 能力傾向としては、自分の手札のジョーカーズを捨てて能力を発揮するカードがやや多い。

ジョーカーズ(無色)

最初に登場したジョーカーズ。この種族の基本形とも言える。
切札 ジョーデッキーという新マスコットキャラにオリジナルイラストをぶち込むことで誕生する、主人公格のクリーチャー軍団として描かれる。
エピソード3以来の無色サポート、非ドラゴン主人公格種族であり、黎明期の主人公カードがドラゴンだった切札 勝舞編や切札 勝太編とは一線を画す。

カード名の欄は過去の無色カードと違い、白地の黒文字になっている。

ジョリー・ザ・ジョニー MAS 無色[ジョーカーズ] (7)
クリーチャー:ジョーカーズ 10000
スピードアタッカー
マスター・W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする。このクリーチャーがバトルゾーンに出たターン、各ブレイクの前に、相手のクリーチャーを1体破壊する。)
バトルゾーンまたはマナゾーンに自分のジョーカーズが5枚以上あれば、このクリーチャーはブロックされず、攻撃の後、相手のシールドもクリーチャーもなければ、自分はゲームに勝つ。

アウトレイジのように、単一種族内でも小型から大型まで幅広い種類のクリーチャーが用意されており、従来の無色カード同様に、5文明の特性のいずれかをつまみ食いしたかのようなスペックが散見される。

  • あくまで文明そのものではないので、「ジョーカーズ・マナ」と言うものも存在しない。コストの支払いに文明やジョーカーズを必要としない。にも関わらず紹介記事等では新文明として紹介されているような文章がよく見られる、これは恐らくジョーカーズをゼニスオラクルとの関連性がないことをアピールする為だと思われる。
  • 実態は文明でないとはいえ、おおよそのカードマナゾーン等にジョーカーズが特定の枚数あることを条件とする能力を持っており、文明のようにある程度ジョーカーズでデッキを固める意義を持っている。
  • 少数だが、ジョーカーズ呪文も存在している。ジョーカーズを文明として参照できない都合上、呪文にもジョーカーズサブタイプを与えなければならないというゲーム上の利便性の問題だろう。
  • 攻撃中止させるカードは多々あるがDMRP-10まで、ブロッカーを持ったジョーカーズは存在しなかった。
    • DMRP-11にて、水文明のジョーカーズが初登場し、そちらがジョーカーズ初のブロッカー持ちとなる。
    • 依然として無色自然のブロッカー持ちは存在していない。その3つはいずれも単色ではブロッカーを持つことがほとんどないため当然といえば当然かもしれない。
  • 綴りは「Jokers」で、由来は「Joker(切り札)」の複数形である。また、「Joe Cards」で「ジョーのカード達」の意味も持つダブルミーニングと考えられる。

参考

ジョーカーズ(火)

DMRP-03で登場した、文明を持ったジョーカーズ。

マナ数のシンボルや種族欄の白地は無色ジョーカーズのものを踏襲している。また、他のカードに比べて白みの強い仕様になる。

メラビート・ザ・ジョニー MAS 火文明[ジョーカーズ] (7)
クリーチャー:ジョーカーズ 10000
スピードアタッカー
W・ブレイカー
マスター・W・メラビート:このクリーチャーが召喚によってバトルゾーンに出た時、「J・O・E」能力を持つジョーカーズを2体まで、自分の手札からバトルゾーンに出す。このターンの終わりに、それらを好きな順序で自分の山札の一番下に置き、その後、こうして置いたクリーチャー1体につき、カードを1枚引く。
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンに自分のジョーカーズが5体以上あれば、相手のクリーチャーをすべて破壊する。

専用能力「J・O・E」「マスター・メラビートマスター・W・メラビート)」を持つカードが存在する。

  • 漫画やアニメではボルツに影響を受けてジョーが生みだした。火のジョーカーズが持つ専用能力のJ・O・EB・A・Dの影響を受けて編み出しており、無色ジョーカーズに比べると、機械をモチーフにしたデザイン、さらには音楽器が主になっている。

参考

ジョーカーズ(自然)

DMRP-07で登場した、自然文明を持ったジョーカーズ。

のものと同様、デザインはジョーカーズ特有のものになり、白みも強くなる。

タイク・タイソンズ UC 自然文明[ジョーカーズ] (2)
クリーチャー:ジョーカーズ 1000
Jチェンジ4(このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーと自分のマナゾーンにあるコスト4以下のジョーカーズ1体を入れ替えてもよい)
このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。

専用能力「Jチェンジ」を持つカードが存在する。

  • ジョーカーズと同様、プレイする際は自然のマナが必要となる。
  • 通常のジョーカーズに比べて、屋外での活動やそのための道具をモチーフとしたものが多い。

参考

ジョーカーズ(水)

DMRP-11で登場した、文明を持ったジョーカーズ。

ジョリー・ザ・ジョルネード MAS 水文明[ジョーカーズ] (7)
クリーチャー:ジョーカーズ/ワンダフォース 10000
マスターJトルネード:相手のターンの終わりに、このクリーチャーが自分の手札にあり、このターン中に自分の他の「マスターJトルネード」能力をまだ使っていなければ、自分のジョーカーズ・クリーチャーをコストの合計が10以上になるように好きな数選び、手札に戻してもよい。そうしたら、このクリーチャーをバトルゾーンに出す。
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、GR召喚を3回する。
自分のジョーカーズはブロックされない。

専用能力「Jトルネード」を持つカードが存在する。

  • 自然ジョーカーズと同様、プレイする際は水のマナが必要となる。
  • 通常のジョーカーズに比べて、水場での活動や水に関する道具をモチーフとしたものが多い。

参考

ジョーカーズ(特性)

ジョーカーズのシンボルを持つカードは、ツインパクトの両方の面で「ジョーカーズ」として扱われる。

オラマッハ・ザ・ジョニー MAS 自然文明 (8)
クリーチャー:ジョーカーズ 13000
T・ブレイカー
マスター・マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる。このターン、このクリーチャーがバトルに勝った時、アンタップし、相手のシールドを1つブレイクする)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚自分のマナゾーンから手札に戻す。
相手が呪文を唱えた時、その呪文とコストが同じジョーカーズ・カードを1枚、自分の手札から捨ててもよい。そうしたら、その呪文は効果を失う。

キング・ザ・スロットン7 SR 無色[ジョーカーズ] (7)
クリーチャー:ジョーカーズ 7777
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を表向きにする。それがすべてジョーカーズなら、その中からクリーチャーを1体、バトルゾーンに出す。そのターン、そのクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できる。残りのカードを好きな順序で自分の山札の一番下に置く。
7777777 SR 無色[ジョーカーズ] (3)
呪文
S・トリガー
相手は自身の山札の上から3枚を表向きにし、自分はその中から1枚を選ぶ。その選んだカードとコストが同じ相手のクリーチャーをすべてと、表向きにした3枚を、相手は好きな順序で自身の山札の一番下に置く。

《キング・ザ・スロットン7/7777777》はクリーチャー面には種族にジョーカーズを持つが、呪文面にはサブタイプジョーカーズを持たない。
しかし、相手がコスト3の呪文を唱えたとき、《オラマッハ・ザ・ジョニー》の能力で手札から《7777777》を捨て、呪文を無効化することができる。

参考


Last-modified: 2019-10-21 (月) 01:53:25