【5色“轟轟轟”ブランド】

【オボロティガウォック】《“轟轟轟”ブランド》《鎧亜の深淵パラドックス》に寄せたデッキタイプであり、一部【赤青“轟轟轟”ブランド】と方法論が共通する。【オボロティガウォック】系統ではあるもののその前身の【オボロセカンド】のようなビートダウン色が目立つ。《赤攻銀 サハラン/レッド・マジック》DMRP-10期に確立し、《赤攻銀 サハラン/レッド・マジック》を裏スリでしか使用できない時期である2019年6月初頭にはすでにデッキレシピが公開されていた。

鎧亜の深淵パラドックス VR 水/闇/自然文明 (4)
クリーチャー:ロスト・クルセイダー 6000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の手札を2枚捨ててもよい。そうしない場合、このクリーチャーを手札に戻す。
このクリーチャーが破壊された時、カードを4枚引く。
W・ブレイカー
“轟轟轟”ブランド MAS 火文明 (7)
クリーチャー:ビートジョッキー 9000
マスターG・G・G:自分の手札がこのカードだけなら、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンに火のカードがあれば、カードを1枚引く。その後、自分の手札を好きな枚数捨ててもよい。こうして捨てた手札1枚につき、相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体、破壊する。

主要カード

超次元ゾーン

このデッキの回し方

序盤は《月光電人オボロカゲロウ》などで手札を整え、それから《イーヴィル・フォース》《鎧亜の深淵パラドックス》コスト踏み倒しによってバトルゾーンに出す。流れで手札を1枚にして《“轟轟轟”ブランド》マスターG・G・Gを達成するのが理想。そのままビートダウンしてから《鎧亜の深淵パラドックス》を自壊させる。すると手札は少なくとも4枚以上になっているはずである。その次のターンに《ブレイン・ストーム》《“轟轟轟”ブランド》山札の上に仕込むことを活かして連鎖的に踏み倒したり、《絶海の虎将 ティガウォック》《天災超邪 クロスファイア 2nd》《神出鬼没 ピットデル》を召喚してから《レッド・マジック》を唱えて総攻撃に向かったりして、そのまま詰める。

長所

全体的に《異端流し オニカマス》が腐る形のコスト踏み倒しを行う構成であり、そちらに対しては強固。

呪文も必要最小限なので、《イーヴィル・フォース》さえ縛られなければ何とかなる。何なら《神出鬼没 ピットデル》を挟んでの《“轟轟轟”ブランド》の早出しによって強引に6000火力を発揮してシステムクリーチャーを焼いてやろう。

極論を言えば初手に《神出鬼没 ピットデル》《“轟轟轟”ブランド》があるだけで1ターン目から《“轟轟轟”ブランド》を出せる。よって、除去さえ気を付ければ強引に3ターンキルもできるので、早いデッキに有利な部分もある。

短所

《イーヴィル・フォース》でのコスト踏み倒しを封じられると物量に不安が生じる。

全体的に《奇石 ミクセル》形式、《デスマッチ・ビートル》形式のコスト踏み倒しメタには脆弱。一番の対策としてはコスト踏み倒しメタが事実上着地できない1ターン目から《“轟轟轟”ブランド》のコスト踏み倒しを狙うことである。

構成上カウンター封じがないので、防御札の多いデッキには難儀する。《Dの牢閣 メメント守神宮》が相手のシールドから捲れて、そのままシノビオーラで壁を張られたら最悪。

参考


Last-modified: 2019-07-04 (木) 11:52:52