S級原始(エスきゅうトライブ) サンマックス》

S級原始 サンマックス SR 自然文明 (3)
進化クリーチャー:ゲリラ・コマンド/S級侵略者 3000+
進化:自分の自然のコスト3のクリーチャー1体の上に置く。
S級侵略[原始]:自然のコスト3のクリーチャー(自分の自然のコスト3のクリーチャーが攻撃する時、自分の手札かマナゾーンにあるこのクリーチャーをその上に重ねてもよい)
バトルゾーンに自分のクリーチャーが3体以上あれば、このクリーチャーはパワーを+9000され、「T・ブレイカー」を得る。
自分のターンの終わりに、このクリーチャーを自分のマナゾーンに置いてもよい。そうしたら、相手のクリーチャーを1体選び、持ち主のマナゾーンに置く。

DMEX-06で登場した自然進化ゲリラ・コマンド/S級侵略者

《S級原始 サンマッド》調整版と言える進化クリーチャー
元カードと違ってT・ブレイカーを得るだけに留まらず、パワーも+9000される。《光牙忍ハヤブサマル》で相討ちを取られなくなった点など、バトルにも強くなったのは大きな利点である。
一方でクリーチャーマナへ送る効果のタイミングはターンの終わりに変更され、このクリーチャー自身と相手クリーチャーしかマナゾーンに置けなくなっている。即効性が減り、ループ要員としての汎用性は大きく損ねることとなった。
パワーが上がった分単純なビートダウン性能は《S級原始 サンマッド》より増したため、専ら自然入りの【速攻】で採用することになるだろう。

意外とGRクリーチャーとの相性が良い。というのも、GR召喚手段にはGRクリーチャースピードアタッカーを付与する手段が多いためである。このカードの登場時点では超GR自然コスト3のGRクリーチャーのみで固めることが可能なので、安定して《MANGANO-CASTLE!》などから侵略を行うことが可能であり、《MANGANO-CASTLE!》によるデメリットターンエンド時に自身をマナ送りにすることである程度軽減可能。

環境において

登場後の超天篇環境では、かつての【赤白“轟轟轟”ブランド】に採用されるウィニーGR呪文を原型にした【赤白サンマックス】【印鑑パラス】をこのカード仕様に改造した【赤緑サンマックス】が、続々とチャンピオンシップ4位以内入賞を果たしている。【クラッシュ“覇道”】を雛形としてフィニッシャー《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》からこちらへ総入れ替えした【赤青サンマックス】デッキまで入賞報告がなされた。

超GRに侵略元があればメインデッキに自然を入れる必要がないのが、様々な型の【サンマックス】が生まれる要素である。

なお、このカードの専用構築においては、超GRをすべて自然の3コストで統一するとこのカードによる侵略以外の勝ち筋が薄くなるため、自然の3コストが半分程度に抑えられている。

その他

  • 約3年ぶりに登場した新たなS級侵略である。なぜかS級侵略のあとの区切りが-ではなく:になっている。

関連カード

収録セット

参考


Last-modified: 2019-10-09 (水) 23:52:20