卍罪(ばんざい) ド・リュザーク》

卍罪 ド・リュザーク SR 闇文明 (7)
オレガ・オーラ:マフィ・ギャング/デリートロン +2000
無月の大罪2(このオーラを使うコストを2少なくしてもよい。そうしたら、このターンの終わりに、自分のクリーチャーを1体破壊する)
これをクリーチャーに付けた時、またはこれを付けたクリーチャーが攻撃する時、コスト5以下のオーラを1枚、自分の墓地から選び、そのクリーチャーに付ける。

月刊コロコロコミック2019年6月号で登場したマフィ・ギャング/デリートロンオレガ・オーラ

このオーラの付加時、および攻撃時に墓地からコスト5以下のオーラリアニメイトする能力を持つ。
ただし、リアニメイトしたオーラはこのオーラを付けたクリーチャーにしか付けられないので自軍は増えない。

相性の良いカードは、やはり《幽影エダマ・フーマ》だろう。
無月の大罪デメリットを帳消し出来るため、気軽にコスト軽減が使える。
付けた時だけでなく攻撃した時にもコスト踏み倒しが出来るので、毎ターン《幽影エダマ・フーマ》を付ければ、粘り強く攻められるだろう。

全体的に《大卍罪 ド・ラガンザーク 卍》を小型化させたスペックのため、高コストのオーラは持ってこれずとも少なからずパワーを有しており、パワーが伸びにくい欠点はある程度、軽いものと考えていい。

  • ライバルは《極幻夢 ギャ・ザール》。カードを1枚引きつつ、ターンの終わりに味方を破壊する必要もなく、何かする度にコスト6以下までのオーラ、もしくはコスト6以下の呪文を使えるといった具合である。
    • しかし、ハンデスを受けると使えるカードが減ってしまうのは《ギャ・ザール》の欠点である。リアニメイトして使うこちらはハンデスには強めと言える。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考


Last-modified: 2019-06-25 (火) 20:21:02