烈裂虫(れつさくちゅう)テンタクル・ワーム》

烈裂虫テンタクル・ワーム C 闇文明 (4)
クリーチャー:パラサイトワーム 3000

DM-06で登場したパラサイトワーム

120枚セットお約束のバニラ《腐卵虫ハングワーム》下位種

闇文明は、呪文や能力が強力な代わりにパワーが低いという特徴をもつが、バニラである《テンタクルワーム》はその恩恵にあやかれず、結果弱みだけが残り悲惨なコストパフォーマンスになってしまった。この頃の闇や水のバニラにはよく見られた光景である。

登場した時点ですでに《暴食虫グレゴリア・ワーム》完全下位互換だったという不遇なクリーチャー。他にも《貴星虫イザハヤテ》という上位互換が登場しているため、このカードが使われることは少ない。

グレゴリア・ワームに限らず《封神ゴート》などの上位互換もあり、ある意味下位互換の代表的存在と言える。種族的には《シザー・アイ》とよりはまともではあるが、どの道大差はない。

  • テンタクル(tentacle)は「触手」の意。イラストにも多くの触手が描かれている。

関連カード

相互互換

フレーバーテキスト

  • DM-06DM-18
    森の地中深くでは、災厄の芽がのたうちながら増殖を続けている。

収録セット

参考


Last-modified: 2019-08-14 (水) 01:11:43