零次龍程式(ゼロじりゅうていしき) トライグラマ》

零次龍程式 トライグラマ P 水文明 (5)
進化クリーチャー:クリスタル・コマンド・ドラゴン 12000
G・ゼロ−バトルゾーンに自分の、カードに能力が書かれていないクリーチャーが3体以上あれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
進化GV−自分のリキッド・ピープル3体を重ねた上に置く。
T・ブレイカー
このクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに自分の手札に戻す。

DMD-17で登場した進化クリスタル・コマンド・ドラゴン

自分のバニラクリーチャーが3体あることを条件としたG・ゼロと、破壊される時に手札に戻る破壊置換効果を持つ。

G・ゼロの条件と進化元となるリキッド・ピープルの兼ね合いから、バニラリキッド・ピープル3体を素材とした進化を想定したデザインと思われる。
リキッド・ピープルにはバニラサポートである《アクア・ティーチャー》が存在しているため、専用デッキを組むこと自体は難しくない。
G・ゼロが狙えなくてもコスト5と普通に召喚するには無理ない値なのも利点。

一見進化させてもブレイク数の合計はプラスマイナス0で変わらないが、攻撃できない《アクア・ティーチャー》召喚酔いしているリキッド・ピープル進化元にすれば擬似的な《ダイヤモンド・ソード》となり打点の水増しが可能。
モヤシ能力によって破壊に強く、進化元も一緒に手札に戻る為、進化元《アクア・ビークル》および《アクア戦闘員 ゾロル》で揃えていれば、場にクリーチャーが1体もいない状況からでもたったの6マナで再び召喚酔い無しのT・ブレイカーをお見舞いできる。
また、パワー不足になりがちで一掃されやすいバニラのパワー補強として進化してしまってもよいだろう。
もちろん、進化元バニラに限定されていないので《アクア隠密 アサシングリード》等のcip能力の再利用といったことにも使えなくもない。
同じくリキッド・ピープル3体で進化GVできる進化クリーチャーには《超神星マーキュリー・ギガブリザード》と言う強力なライバルがすでに存在しているが、【バニラビート】ではそちらに負けず劣らずの性能を発揮できるだろう。

  • DMD-17に1枚しか収録されていなかったため、安価ながら構築済みデッキの複数個の購入も検討されていた。
  • カード名(ラテン語で3を意味するトライ)、イラスト、進化元の数、G・ゼロの条件、ブレイク数と、総じて「3」づくしのカードとなっている。
  • アニメ「VS」ではべんちゃん勝太戦で使用。あらかじめバニラを大量召喚し、G・ゼロに繋げた。

関連カード

収録セット

参考


Last-modified: 2019-04-02 (火) 11:02:49