爆流忍法(ばくりゅうにんぽう) 不死鳥(ふしちょう)(じゅつ)

爆流忍法 不死鳥の術 R 火文明 (5)
呪文
バトルゾーンにある自分のカードを2枚選び、墓地に置く。その後、その中から火の進化ではないクリーチャーを1体選び、バトルゾーンに出す。

DMR-23で登場した呪文

バトルゾーンにある自分のカード2枚を墓地に置き、そのうち進化ではないクリーチャー1枚をバトルゾーンに出し直すことができる。バトルゾーンに出せるのはこの時に墓地に置かれたクリーチャーのみで、元々墓地にあったクリーチャーは選べない。

単純にクリーチャー墓地に落として出し直すという《フォース・アゲイン》のような事もできるが、墓地には必ず2枚落とさなければならないためディスアドバンテージを被ることにもなる。

このカードを利用するなら、禁断カードと合わせる戦術か退化戦術のいずれかに組み込むと良いだろう。


まず禁断カードと合わせる戦術。封印をつけてバトルゾーンに出る禁断封印を2枚外しつつ、外した中からクリーチャーバトルゾーンに呼び出すというのが共通のテクニック。出すクリーチャーが同色のコマンドなら計3枚の封印を外せる。


もう一つの退化戦術だが、バトルゾーンから選ぶ際には進化クリーチャーは選べるため、進化クリーチャーの一番上を取って再構築させる方法と、進化クリーチャーの下を引き抜いてリアニメイトさせる方法の両方を使う事ができる。
《世紀末ヘヴィ・デス・メタル》などcipデメリットを持つクリーチャーは前者、逆にcipでメリットを得られるクリーチャーは後者と柔軟に使い分けが可能。

もっとも前述のとおり墓地に置くカードは2枚強制のため、バトルゾーンに残したかったクリーチャーまで巻き込んでしまうケースも想定できる。この呪文を使うならば常に《禁断〜封印されしX〜》を用意しておく手もありだろう。この場合バトルゾーンを離れない《封印されしX》を選ぶことで墓地に置くカードを1枚にすることができる。いざとなればサイド戦術として禁断解放を狙えるのも強み。


関連カード

フレーバーテキスト

  • DMR-23
    封印の力を利用する爆流忍法、不死鳥の術を開発したが…まさか、ドルマゲドンXには通じないとは! ---爆忍者 ジラッチャ

収録セット

参考


Last-modified: 2019-07-04 (木) 11:50:43