超次元(ちょうじげん)ガロウズ・ホール》

超次元ガロウズ・ホール UC 水文明 (6)
呪文
バトルゾーンにある、サイキック・クリーチャー以外のクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻す。
コスト7以下の水または闇のサイキック・クリーチャーを1体、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。
※殿堂入り

DMR-01で登場した超次元呪文
サイキック・クリーチャー以外を対象としたバウンスに加えて、コスト7以下でサイキック・クリーチャー1体を超次元ゾーンから呼び出すことができる。

除去対象の筆頭であるサイキック・クリーチャー除去できない点はかなり痛いものの、相手の邪魔なクリーチャーを排除してサイキック・クリーチャーを呼び出せるのは強力。特にサイキック・クリーチャーの弱点である《百発人形マグナム》のような踏み倒しメタを気にしなくて良いのは嬉しい。

また、自分のクリーチャーも対象に取ることができるので、cip能力を使い回すのも良いだろう。単純にcipが強力な《パクリオ》《飛散する斧 プロメテウス》《怒流牙 サイゾウミスト》を何度も使えるのは大きい。
その際、《時の秘術師 ミラクルスター》《龍素記号Sr スペルサイクリカ》などの呪文回収出来るクリーチャーを戻し続ければ、延々とループできる。特に《龍素記号Sr スペルサイクリカ》の場合、この呪文から呼び出せる《激沸騰!オンセン・ガロウズ》と組み合わせると、凄まじい勢いで墓地呪文を使い回すことができる。

出せるサイキック・クリーチャーのみだが、《超次元エナジー・ホール》《超次元リバイヴ・ホール》と同じくコスト7までを出すことができるためなかなか範囲は広い。特に呪文《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》《勝利のガイアール・カイザー》といった除去を行えるサイキック・クリーチャーが出せるのは注目すべき。

元々強力なカードであり登場から年月を経たことで基本カードとして定着した感のある存在であったが、《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》の登場以降はカウンター札としての運用が可能になった。
特に望まぬ禁断解放をしてしまった《伝説の禁断 ドキンダムX》を対象に取ってそのまま特殊敗北条件をチェックさせたり、相手のダイレクトアタックを阻止しつつ《勝利のリュウセイ・カイザー》を呼び出して打点補強や疑似ランデス、《禁断〜封印されしX〜》の封印外しを行ったり、《シルバー・ヴォルグ》などのブロッカー《光牙忍ハヤブサマル》に類似した動きを見せたりと、超次元呪文としての汎用性がカウンター手段としての動きの多様性を生み出した。
このカードの踏み倒し元である《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》自体5コストとこの呪文よりも1コスト軽く、《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》を素出しする場合であっても1ターン速く打てるためそれだけでも旨味が大きかった。さらにS・トリガーを持っているので上手く行けばどんなに早いターンであっても、何の準備もできていないところであっても、手札にこの呪文さえあれば気軽に唱えることができた。

6コスト支払って手打ちするならカードパワーが適正であったが、運用性や汎用性の異常なまでの高さにより、デッキによってはビートダウンすればするほどこのカードによって首が締まる状況となった。カード指定除去D2フィールドの貼り換えによる除去、《音精 ラフルル》などによる呪文を唱えることそのものの禁止などを行わなければ《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》とのコンボの対策にならない。これらのことが祟って、2018年3月1日からこのカードの殿堂入りが施行されることが決定した。


  • 代表的な呼び出し先には以下がある。

多色


この呪文だけで《絶対絶命 ガロウズ・ゴクドラゴン》《唯我独尊ガイアール・オレドラゴン》サイキック・セルをすべて揃えることができる。ただし《ハイドラ・ギルザウルス》が出せないことから、《死海竜ガロウズ・デビルドラゴン》は揃えることができない。
《ガロウズ・セブ・カイザー》フレーバーテキストでは「水と火を合わせて温泉!」とあるのに火ではなく闇のサイキックが出せるのは奇妙な話である。

サイクル

DMR-01で登場した、コスト6の超次元呪文

関連カード

収録セット

参考


Last-modified: 2019-09-10 (火) 20:15:25