斬隠(きりがくれ)テンサイ・ジャニット》

斬隠テンサイ・ジャニット C 水文明 (3)
クリーチャー:サイバーロード/シノビ 1000
ニンジャ・ストライク4
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにあるコスト3以下の他のクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻してもよい。

DM-29で登場したサイバーロード/シノビ
コスト3以下バウンスcip能力を持つ。
ニンジャ・ストライク持ちなのでコンバット・トリック気味に扱って相手クリーチャーをいなせる。

ニンジャ・ストライクに必要なマナ数が少ないほうなので、【速攻】相手に活躍できる。また、3ターン目に普通に召喚して、1バウンス相打ち要員にする使い方もそれなりに強力。
逆に、青単サイバーロードを用いたビートダウンにおいても殴り返し防止や殴り手として採用されていることもある。
総じて、攻防において様々なデッキに採用しやすいと言える。お互いの展開スピードに合わせて幅広い対応を取れる柔軟性の高さが、このカードの強さを裏付けている。

ニンジャ・ストライクを考慮しなくとも《一角魚》などの4コストバウンスクリーチャーと勝負できるスペックを持つため、シノビデッキでは特に主力となり得るクリーチャー
サイバーロードであり、《エンペラー・マルコ》や各種サイバー進化に繋げられる点も評価は高い。

ただし、4マナ以上のクリーチャーバウンスできない。【速攻】が相手ならともかく、コントロールが相手だと腐ることが多いので過信は禁物。

環境において

使い勝手の良い軽量サイバーロードであることから登場するや否や【マルコビート】進化元として需要を集め、さらに1弾先に登場した《密林の総督ハックル・キリンソーヤ》への対策になることから【速攻】メタのシノビとして注目された。

神化編環境では【サイバー青単】が成立し、そちらでは《海底鬼面城》によって大量の手札を確保できるため盛んに採用された。

エピソード1【マルコビート】【ラムダビート】に対する型落ちデッキとなると需要が落ち着いた。特に《暴走龍 5000GT》が大流行していたエピソード3環境では比較的評価が低かった。大型の多い革命編環境以降も需要は冷え込んだ。

超天篇環境GRクリーチャーが環境に進出すると、それらの多くが3コスト以下であるため、事実上の確定除去として働く点から再評価された。《S級原始 サンマックス》対策としても優秀。
防御札として有効だが、《ドドド・ドーピードープ》など2打点のGRクリーチャーのほとんどは4コスト以上である点には注意。

その他

関連カード

収録セット

参考


Last-modified: 2019-09-16 (月) 13:27:56