拷問(ごうもん)(かげ)カワハギ・ジャケット》

拷問の影カワハギ・ジャケット R 闇文明 (6)
クリーチャー:ゴースト 4000
このクリーチャーまたは他のゴーストを召喚してバトルゾーンに出した時、それとコストが同じゴーストを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出してもよい。

DMR-05で登場したゴースト
自身を含めたゴースト召喚した時、それと同コストゴーストリアニメイトすることができる。

ゴースト・同コスト召喚時と条件はあるものの、単純にゴーストの数が2倍になるのは非常に強力。このリアニメイトを積極的に利用するデッキ【カワハギゴースト】である。

このクリーチャー自身を召喚した際にもリアニメイトできるため、事前に6コストゴースト墓地に置いておきたい。保険として2体目の《カワハギ・ジャケット》を出して更に効果を高めるのが良いだろう。
他には、パワー低下《神炎の影グレイブ・ディール》ハンデス《邪悪の魔黒デビル・マーシャル》あたりが狙い目か。一応ブロッカーとして《滅びの影ナイト・マスター》を呼ぶこともできる。

召喚であれば良いので、S・トリガーニンジャ・ストライク時にも効果を発揮する。前者は《萎縮の影チッソク・マント》《神炎の影グレイブ・ディール》《炸裂の影デス・サークル》《震炎の影 シェイク・ディール》《衰えの影ナイト・エルダー》、後者は《威牙忍クロカゲ》が存在する。

このカードが複数枚立っていれば、《炸裂の影デス・サークル》が1枚S・トリガーしただけで、相手の場を壊滅状態に追い込むこともあり得る程強力。
また、同条件下で《威牙忍クロカゲ》ニンジャ・ストライクすることで、《絶望の魔黒ジャックバイパー》《恐慌の魔黒デス・スペクター》《腐敗電脳ディス・メルニア》等を呼び出して奇襲することもできる。

目下最大の問題は、やや重めなコストと事前の墓地肥やしの2点。
とはいえ《ボーンおどり・チャージャー》を用いたり、《冥界の影ラビリンス・ローズ》《絶叫の影ガナル・スクリーム》等相性の良いカードも存在するためあまり苦になる事はない。ただし、《サイバー・N・ワールド》等の山札回復能力持ちや各種コスト踏み倒しメタには注意したい。

フレーバーテキスト

  • DMR-05(通常版)
    見るたびにカワハギ・ジャケットは新しいジャケットを着ている。一体、どこから手に入れているのだろうか?
  • DMR-05MODE→CHANGE
    寒いならこのジャケットをやろう。なに、代わりのジャケットはお前からもらうから気にするな。――拷問の影カワハギ・ジャケット

収録セット

参考


Last-modified: 2019-09-13 (金) 18:46:15