鋼龍(こうりゅう) クシャルダオラ》

鋼龍 クシャルダオラ P 水文明 (7)
クリーチャー:メタル・コマンド・ドラゴン/ハンター 7000
W・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃する時、相手のクリーチャーを1体選び、タップする。そのクリーチャーは、次の相手のターンのはじめにアンタップしない。
相手がクリーチャーを選ぶ時、その地域で風に関する注意報か警報が出ていれば、このクリーチャーを選べない。

DMX-22で登場したメタル・コマンド・ドラゴン/ハンター

アタックトリガーで相手クリーチャーを1体フリーズさせることができ、風に関する注意報または警報が出ているとアンタッチャブル化するという、一風変わった能力を持つ。

フリーズは強力なもののアタックトリガー故のタイムラグがきついのが難点。
それをカバーできうる条件付きアンタッチャブル能力も、発想は本家「モンスターハンター」を意識したなかなか面白いものだが、発動するタイミングが非常にシビアなため実用性に乏しく、むしろ無いものと思った方が良いだろう。
使用するなら梅雨の季節である6月や、台風の多い9月頃を狙いたい。

コスト・同パワー帯に《ガンリキ・インディゴ・カイザー》がいるのも向い風か。

非常に面白いカードではあるが癖が強いため、この逆風を乗り越えるデッキビルディングの腕が要求されるだろう。
このカードを使用する際は被害に合わない程度に風に関する注意報や警報が出ることを祈りたい。

  • 風に関する注意報及び警報としては、「風雪注意報」「暴風雪警報」「強風注意報」「暴風警報」「竜巻警報」が該当する。また、特別警報という段階も存在するが、これが発令されている時は直ちに避難し、安全を確保した上でデュエマを行おう。その際はくれぐれも避難先の人たちに迷惑がかからないようマナーを守っていただきたい。
  • 出張元のゲームソフト「モンスターハンター」シリーズを意識してか、種族にハンターを持つ。狩られる側なのにハンターとはこれいかに。それどころか、鬼丸もハンターなのに敵対してしまっている。
  • 上述したように元ネタ、というか出典元は「モンスターハンター」シリーズに登場する鋼龍ことクシャルダオラ。ちなみにフレーバーテキストには古龍とあるがこれはジュラシック・コマンド・ドラゴンの事ではなく、「古龍種」という作中における強大かつ特別な力を持つモンスター群の事を指す。

フレーバーテキスト

  • DMX-22
    鋼の如き外皮を持ち、風を纏いし古龍。空を翔るように飛ぶことから風翔龍とも呼ばれている。

収録セット

参考


Last-modified: 2019-10-13 (日) 15:13:21