鎧亜(がいあ)深淵(しんえん)パラドックス》

鎧亜の深淵パラドックス VR 水/闇/自然文明 (4)
クリーチャー:ロスト・クルセイダー 6000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の手札を2枚捨ててもよい。そうしない場合、このクリーチャーを手札に戻す。
このクリーチャーが破壊された時、カードを4枚引く。
W・ブレイカー

DM-26で登場した//自然ロスト・クルセイダー

デメリットメリットを共に兼ね備えるクリーチャー
pigで4ドローできるが、登場時に手札を2枚捨てないと引っ込んでしまう。

使いこなせれば相当なスペックであり、発売前は相当騒がれたが、実際には手札を捨てるデメリットを打ち消すのが難しく、自身が3色で入るデッキが限られていたため、騒がれた割には使われなかった。

破壊に対しては強い耐性を持つものの、それ以外の方法での除去には滅法弱い。
特にバウンスは天敵であり、ハンドアドバンテージテンポアドバンテージを一気に失ってしまう。このカードを使い辛くしている要因の一つだろう。

一応、一度場に出てしまえばW・ブレイカーかつ強力なpig持ちと、相手からすれば厄介なカードとなる。このカードを主体にしてデッキを組むこともできるが、デメリットであるcipを利用できなければ活躍は厳しい。墓地進化リアニメイトを絡めるなどの工夫をしたい。

  • 《生魂転霊》とも相性が良い。cipのデメリットは消せないため結局はある程度の手札が必要だが、一度に3枚マナブースト+4ドローと新たなエンジンになり得る可能性を秘めている。
  1. 《魔道凶獣バラムゲイナー》2体を墓地に置いておく。
  2. 《鎧亜の深淵パラドックス》を召喚。
  3. 《魔道凶獣バラムゲイナー》の能力を解決し、2体を手札に戻す。
  4. 《鎧亜の深淵パラドックス》の能力を解決し、《魔道凶獣バラムゲイナー》2体を捨てる
  • カードイラストは蝶をモチーフにしたものと思われる。世界各地には蝶と死が関連付けられた伝承が数多く存在し、たとえばキリスト教において蝶は「復活の象徴」とされている。同じくhippo氏がイラストを手掛けた《悪魔神デスモナーク》も蝶のような面影を持つ。
  • パラドックス(Paradox)は逆説、矛盾という意味。

収録セット

参考


Last-modified: 2019-06-13 (木) 16:02:35