炎乱(えんらん)水幻(すいげん)(さばき)

炎乱と水幻の裁 P 水/火文明 (8)
呪文
S・トリガー
相手のパワー3000以下のクリーチャーをすべて破壊する。その後、こうして破壊したクリーチャー1体につき、カードを1枚引いてもよい。

DMBD-01で登場した/呪文

パワー3000以下の相手クリーチャーをすべて破壊する全体除去と破壊したクリーチャー1体につき1枚ドローできる効果を持つ。

初代版の《炎槍と水剣の裁》と比べると、コストが2重くなった代わりにS・トリガーが付き、巻き込む範囲は相手だけとなっている。
端的に言えば、《演奏と真剣のLIVE》S・トリガー版。

しかし登場時の環境では、《炎槍と水剣の裁》が活躍していた頃のように「《青銅の鎧》《アクア・ハルカス》といった小型クリーチャーを展開し、小さなアドを取り合いながらゲームを進めていく」という光景はまず見られない。環境が高速化しパワーも増したクリーチャーが相手では、手打ち裁く事はまず不可能である。
クロニクル・レガシー・デッキで復帰したプレイヤーにインフレの現実を克明に見せつける1枚であり、中々厳しい立場といえよう。

「自分のクリーチャーを巻き込まない」という一見メリットに思える変更も、「自分の《勝利のアパッチ・ウララー》など強力なpig持ちを巻き込むスーサイドに使えない」という点で評価を下げる要因となっている。ただ除去するだけならば《ハムカツ団の爆砕Go!》などで事足りるのも痛い。
コストが重いため《龍素記号Sr スペルサイクリカ》《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》などで踏み倒すことも出来ない。

このように残念な点ばかり目立つが、それでも相手限定の3000火力が優秀なのは間違いない。システムクリーチャーを撃退した上で、手札補充できるのは優秀なので、環境次第では活躍が見込まれる。

環境において

新章デュエル・マスターズ環境では実際これを積んだ【5色ドギラゴン剣】チャンピオンシップ優勝を飾るなどの実績もあった。

超天篇環境では環境で使われる多くの重量級マナドライブGRクリーチャーが範囲に入ること、コストが8で《「本日のラッキーナンバー!」》を避けやすいことから、【ドルマゲドンジョリー】の防御札として考察された。DMBD-11DMBD-12期にはこれを入れた【ドルマゲドンジョリー】が実際にチャンピオンシップ優勝を果たしている。

その他

  • 色やコスト、役割に注目すると《無法のレイジクリスタル》と重なる部分もある。大型も射程にとらえる汎用性を考えれば向こうに分があるが、大量に並んだウィニー相手ならばこちらに分がある。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考


Last-modified: 2019-12-08 (日) 09:36:44