《バクシュ (へい)-二式(にしき)

バクシュ 丙-二式 UC 闇文明 (3)
GRクリーチャー:マフィ・ギャング/デリートロン 2000
このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、各プレイヤーは自身の手札を1枚選んで捨てる。
(ゲーム開始時、GRクリーチャーは山札には含めず、自分の超GRに置き、バトルゾーン以外のゾーンに行った場合、超GRの一番下に戻す)

DMRP-09で登場したマフィ・ギャング/デリートロンGRクリーチャー
離れた時にそれぞれにセルフハンデスをするという《ツタンメカーネン》とは真逆のGRクリーチャー

ハンデスを狙えるGRクリーチャーという点は魅力的ではあるが、自身も対象になっている上離れた時という条件の軽さもあり、思わぬタイミングで除去されて重要な手札を失う危険性を持つ。
考えなしに超GRゾーンに投入すると自身の首を絞めかねないので、使用者に対するハンデス効果メリットに変換できる工夫が欲しいところ。

主に【黒単ド・ラガンザーク】の様なデッキで、ハンデスディスカードを活かした擬似墓地肥やしを同時に行えるGRクリーチャーとして一考される。
黒単デッキ手札に来たコンボパーツ墓地に落とす手段が限られているため、不安定ながらもその切欠の一つになれるこのカードの存在は貴重。
無月の大罪自壊を利用して《葬罪 ホネ損ビー》で自分だけドローしたり、《乱罪 ダイパ殺デー》で追加ハンデスできれば強力。

  • カード名の「バクシュ」は「麦酒」であるとは考えづらい。「爆死(ばくし)」に小さいユを付けたものだろうか。

フレーバーテキスト

収録セット

参考


Last-modified: 2019-09-12 (木) 02:04:48