《ジャガライガーV7(バイオレンスセブン)

ジャガライガーV7 SR 自然文明[ジョーカーズ] (6)
クリーチャー:ジョーカーズ/ワンダフォース 8000
マッハファイター(このクリーチャーはバトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルに勝った時、GR召喚する。
自分のマナゾーンでカードをタップする時、バトルゾーンに自分のGRクリーチャーが3体以上あれば、タップする好きな枚数のカードのマナの数字を2にしてもよい。

DMRP-11で登場した自然ジョーカーズ/ワンダフォース

《ガチャパルト初号機》と同様のGR召喚が行えるマッハファイター、そしてGRクリーチャーが3体以上いることで《不知火横綱ニバイ・ニバーイ》を彷彿とさせるマナの数字を倍にすることができる能力を持つ。

もちろん、《ガチャパルト初号機》と同じくマナ加速で早出しを行い、相手クリーチャーを潰しつつ自軍を増やすのが理想だが、あちらはパンプアップ能力を持つため、この後の展開においてはあちらに軍配が上がりやすい。基本パワーが1000高い分補助無しで倒せるクリーチャーの範囲は少し広いが、《ドンジャングルS7》で出すこともできなくなってしまっている。

後半の能力は強力ではあるが、マナの数を倍化させるだけなら同じくマッハファイター《ドルツヴァイ・アステリオ》で事足りてしまう。
ジョーカーズであることやGR召喚を行えることで差別化を図りたい。

ただ、マナ数を上書きする能力とは噛み合っていないが、発揮させるための条件が意外にも《ガチャパルト初号機》の効果を生かしやすい。
また、マナ数を上書きする対象はどれでも構わないため、グランセクトを中心とした重量デッキに投入が可能。

前半と後半の効果はシナジーがあるもののタイムラグが存在し、効果を発揮させるには1ターン待つこと、さらには自身が除去されないよう工夫する必要がある。
《灰になるほどヒート》を使えば5コストで出せるうえに効果バトルバトルに勝てばGR召喚が行えるため状況次第では出してすぐにマナ数を2倍にする能力が使える可能性があり相性が良い。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMRP-11
    七機のセブンシリーズが揃う時、何かが起きる……かもしれない。

収録セット

参考


Last-modified: 2019-09-27 (金) 23:37:27