《サイバー・K(ケー)・ウォズレック/ウォズレックの審問(しんもん)

サイバー・K・ウォズレック VR 水文明 (6)
クリーチャー:サイバー・コマンド 6000
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、コスト3以下の呪文を合計2枚まで、両プレイヤーの墓地から選ぶ。それらをコストを支払わずに唱え、その後、持ち主の山札の一番下に置く。
ウォズレックの審問 VR 闇文明 (2)
呪文
相手の手札を見て、コスト3以下のカードを1枚選び、捨てさせる。

DMRP-09で登場した/サイバー・コマンドツインパクト

クリーチャー面はコスト3以下の呪文を両プレイヤー墓地から合計2枚踏み倒しで唱えるcipを持ち、cipを使い終わった後は6000W・ブレイカークリーチャーが残る。
cip踏み倒し範囲は狭いので安易にコンボデッキに使うことはしづらいが、単純に《ツインパクト・マップ》手札を整えて《魂フエミドロ》でこのカードに繋がる6マナまで伸ばしてから、それらを1枚で再利用するだけでも強い。

種族も優秀であり、コマンドなので《S級宇宙 アダムスキー》への侵略元になる。2019年7月1日にそれまでハンデス系統のデッキフィニッシャーを務めていた《ヴォルグ・サンダー》はプレミアム殿堂に指定されたため、この点は無視できない。

呪文面はコスト3以下のカードピーピングハンデスする。
序盤から狙って相手の2、3コストカードを叩き落とせるため、相手の出鼻をくじきやすい。
しかしコスト4のカードは範囲外のため、相手が先攻の場合、先に《フェアリー・ライフ》などの2コストマナブーストをされてしまうと、2→4の動きに対処できない。

ルール

  • このカードの能力によって唱えた呪文は1枚唱えるごとに山札の下に置くのではなく、2枚唱えてから山札の下に置く(2019年6月5日、6月6日事務局正式回答)。

環境において

登場前から、《ヒラメキ・プログラム》を使いまわしてループを行う【ウォズレックループ】というデッキタイプが既に考案され、環境での活躍が大いに期待された。

発売後は案の定【ウォズレックループ】が環境入りした。その後、【ウォズレックループ】の派生デッキ、【ウォズレックバジュラズテラ】も考案され、これも環境で大活躍を見せた。【ウォズレックループ】は、最速で2ターン目にループに入ることができてしまうため、当然公式はこれを放っておくわけもなく、【ウォズレックループ】の中核を担う《ヒラメキ・プログラム》が2019年7月1日付でプレミアム殿堂に指定され、このデッキタイプは消滅したかに思われた。しかし、《ヒラメキ・プログラム》なしでも容易にループできてしまう【晩餐ウォズレック】が既に有志によって考案されており、《ヒラメキ・プログラム》の殿堂発表から1週間足らず、代替手段を求める多くのプレイヤーにこの【晩餐ウォズレック】が知れ渡ってしまうこととなった。

他のカードとの関係

その他

サイクル

DMRP-09で収録されたベリーレア多色ツインパクトサイクル

フレーバーテキスト

  • DMRP-09
    誰でもそれを止めるためなら、一番の秘密すら差し出すことだろう。

収録セット

参考


公式Q&A

Q.《サイバー・K・ウォズレック》の能力で、自分の墓地から呪文を2枚選んで使うことはできますか?
A.はい、できます。両プレイヤーの墓地から、コスト3以下である呪文を合計2枚まで選ぶことができるので、各プレイヤーの墓地から1枚ずつでも、片方のプレイヤーの墓地から2枚でも、1枚だけでも選ぶことができます。
引用元

Q.《サイバー・K・ウォズレック》の能力でチャージャーを持つ呪文を唱えた場合どうなりますか?
A.一度持ち主のマナゾーンに置かれた後、山札の下に置かれます。
引用元


Last-modified: 2019-07-14 (日) 22:46:55