《めった()り・スクラッパー》

めった切り・スクラッパー R 火文明 (7)
呪文
S・トリガー
相手のクリーチャーを、コストの合計が6以下になるように好きな数選び、破壊する。

DMR-05で登場したS・トリガー呪文

《スーパー炎獄スクラッパー》に続く、新たなスクラッパー呪文である。

これまでのスクラッパー呪文と異なり、破壊するクリーチャーパワーではなくコストを参照する。
そのため、パワーは高いがコストが低いクリーチャーに強く、コストが高いクリーチャーに弱い。パワー6000台のW・ブレイカー持ちだろうがマナコスト次第で破壊できる。

【速攻】ビートダウン《無頼勇騎ゴンタ》《密林の総督ハックル・キリンソーヤ》《クラウド・メイフライ》など高パワー低コストなクリーチャーを使う傾向があるので、【速攻】対策としての性能は《スーパー炎獄スクラッパー》を上回る。
終盤になると全てのクリーチャーのパワーが5000を超えることはあるが、コスト6以下のクリーチャーが1体もいなくなることは滅多にないので腐りにくい。

また、進化クリーチャー進化元ディスアドバンテージと引き換えにコストが低いものが多いので破壊しやすい。《轟く侵略 レッドゾーン》《超電磁コスモ・セブ Λ》《金属器の精獣 カーリ・ガネージャー》など、あらかた破壊出来る。フェニックスでさえも6マナ以下ならば破壊可能となる。

逆にマナコストの名目値が高いサイキック・クリーチャードラグハート・クリーチャーは苦手である。龍解前にウエポンとしてドラグナー装備されている状態であれば機能するが、一旦覚醒龍解を許すとほぼ対処できなくなる。

登場以降S・トリガーとして採用されていたが、段々とインフレについていけなくなり革命ファイナル環境では、ほとんど見かけなくなった。

さらにDMRP-02にて、8コストまで破壊できる上に山札から踏み倒し効果バトルを行うスーパー・S・トリガーまで付いた《爆殺!! 覇悪怒楽苦》が登場する。どちらも手打ちに値するカードではないため、実質的には上位互換が登場したと言えるだろう。

DMRP-06では《龍装車 マグマジゴク/地獄スクラッパー》によってスクラッパー名称カテゴリが生まれた。これによって【マグマジゴクワンショット】といった名称カテゴリを活かしたデッキを中心に活躍が見込める。

  • これまでのスクラッパーパンプアップされると焼けなくなったが、バトルゾーンにあるカードコストを上げる効果を持つカードは存在しないので、そうした心配は無用となった。
    • 裏を返せば、普通の火力と違って除去の範囲を広げる事が出来ない。除去できないクリーチャーはどうあがいても除去できないのでその点は留意しておこう。
  • カードゲームの宿命として、カードパワーインフレは避けられず、特にクリーチャーの基礎パワー上昇は顕著である。一方、コストの方は、カードパワーインフレすればするほど、むしろ相対的に低下することになる。また、基本的なデッキマナカーブが劇的に変化するとも考えにくい。そう考えられていたが、能力のインフレによってコスト踏み倒し手段が増え、大型が次々に飛んでくると言う、単純なパワーコスト論では当てはまる事の出来ない現象も起きている。パワーを参照する割り振り火力が上限値を高めるようなリメイクが起きている一方で、コストを参照する割り振り火力も緩やかだが火力範囲が増大しつつある。現にこの呪文も侵略革命チェンジで現れる7コスト以上のアタッカーに対処出来なかっため、環境からは姿を消している。
  • その後革命編優勝者賞として登場。優勝者賞としては初のアルトアートでない新規イラストのカードとして登場。剣の持ち主である鬼丸が剣の上に乗り豪快にぶった切るシーンが描かれた大迫力のフルフレームイラストとなっている。獲得可能期間も近年では珍しく2ヵ月間も設けられ、比較的入手しやすかった。
  • イラストに描かれているクリーチャーは《時空の雷龍チャクラ》。しかし、チャクラはコスト7なのでこのカードでは破壊できない。また、イラストでチャクラをめった切りにしている剣は《黄金世代 鬼丸「爆」》が乗っているものと同一のようである。
  • アニメ「VSR」では切札 勝太が使用するが、序盤ではS・トリガーがなぜかこのカードしか出ない。1デュエルで2回出たこともある。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考


Last-modified: 2019-06-17 (月) 16:41:15