《いけにえの(くさり)

いけにえの鎖 R 闇文明 (8)
呪文
バトルゾーンにある相手のクリーチャーを2体まで選び、持ち主の墓地に置く。
バトルゾーンに自分のクリーチャーが1体でもあれば、その中から1体選び、自分の墓地に置く。

DM-04で登場した呪文

8コストで2体の相手クリーチャー除去することができる。その分、自分のクリーチャーを犠牲にするというデメリットもある。それを生かしてpig能力を使う手もあるだろう。

DM-04までのエキスパンションの中では最強クラスの確定除去呪文だが、DM-25で登場した《魔刻の斬将オルゼキア》の存在がネック。

そちらはコストが1少なく、W・ブレイカーバトルゾーンに残すことができる。また、破壊するクリーチャーを選ぶのは相手だが、2体破壊するので狙ったクリーチャー破壊できることも多く、アンタッチャブルを無視できるという利点がある。

コスト7と8では使い勝手にかなり差があるので、もし使用するならば何とか《魔刻の斬将オルゼキア》との差別化を図りたい。とはいえ、だいぶ昔に絶版しているため、そもそも入手が難しいカードである。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMPP-01
    この鎖は、あらゆる正邪の命を奪える闇の至宝ですよ。使った者も無事ではすみませんけどね。――闇道化マルバス

収録セット

デュエル・マスターズ

デュエル・マスターズ プレイス

参考